ロシア人画家ローマン・ゲンが漫画にした外国の指導者やセレブたち(写真特集)

Roman Genn
 ロシア出身のアメリカ人画家ロマン・ゲンは、アメリカでもっとも知られた政治漫画家である。彼はソ連時代後期に検閲に悩まされ、アメリカに亡命した。アメリカに来た彼の作品は最大のマスメディアに掲載された。

 ロマン・ゲンは1972年にモスクワで生まれた。彼はとても自由を愛する人間であり、それはソ連の芸術界においてはまったくそぐわないものであった。モスクワの美術学校を卒業した後、ゲンは政治家を漫画化するという人生の使命を得た。ソ連指導者の漫画を販売したことによる罪で幾度も逮捕されたことで、ゲンは国を離れることを決意した。

 1991年、19歳の時、ゲンはロサンゼルスに到着するやいなや、すべての新聞社にみずからの作品を売り込み始めた。幸運にも、ロサンゼルス・タイムズが興味を示した。その時期にソ連が崩壊したため、西側のメディアの間でソ連に関する話題に対する需要が高まっていたのである。

 ゲンはたちまち、ナショナル・レビュー、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズなどのアメリカ主要紙に作品を提供するようになった。彼の人気は現在と過去のアメリカ指導者を描いたことで不動のものとなった。

 では、さっそく彼の作品をいくつか紹介しよう。

バラク・オバマ(後ろはジョン・ケリー)
ドナルド・トランプ
ヒラリー・クリントン(後ろはバラク・オバマとビル・クリントン)
アブラハム・リンカーン
アブラハム・リンカーン
セオドア・ルーズベルト
アルベルト・アインシュタイン
ナポレオン
ジョージ・オーウェル
オットー・ディクス

 ローマン・ゲンの作品は、2021513日から23日まで、モスクワのGallery of Classic Photographyで開催される「My Way 展示会で見ることができる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる