ロシア版「忠犬ハチ公」:ザギトワ選手が愛犬マサルと映画に出演

Sergei Savostyanov/TASS
 フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手が愛犬のマサルとともに露日合作映画「パルマ」の撮影に参加した。日本では2021年公開予定。

 撮影はモスクワで、アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア監督の指揮の下、行われた。映画は1974年から1976年にかけて、モスクワのヴヌコヴォ空港で起きた実話を基に制作された。空港に置き去りにされたパルマという名前の犬が、数年もの間、飼い主が乗り込んでいった飛行機イリューシン18が到着するたびにその飛行機を出迎え、飼い主を待ち続けた。

 日本版のタイトルは「ハチとパルマの物語」で、こちらのバージョンにはいくつかのシーンが付け加えられている。ドモガロフ・ジュニア監督は、「わたしの父であるアレクサンドル・ドモガロフが演じる主人公が秋田犬を買うため日本にやってくるというストーリーです。最初は父に出演してもらう計画はなかったのですが、日本のプロデューサーから是非にとお願いされました。パルマの物語をハチ公物語と絡めたかったのでしょう」と語っている

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる