ロシア人のおばあさんに関する10個の不文律

Alexey Malgavko/Sputnik, Legion Media
 ロシア人のおばあさんはただの親切なおばあさんではない。おばあさんはスカートをはいたハリケーンであり、衝突したら忘れられないだろう。

1. 好き勝手に思ったことを何でも言う

 おばあさんはあなたがどんなジャケットを着ているか、そこで何を終えたか、何歳か、あなたがどんな社会的地位にあるかを気にしない。あなたが何か間違ったことをした(またはそう彼女に思われた)場合、彼女はすべてを面と向かって、そして今、みんなの前で教えてくれるだろう。混雑したバスの中でこれがあなたに起こらないなら、あなたは幸運だ。もしそうでなければ誰もが困惑してあなたを見つめ始めるだろう。「どうして彼はおばあさんを怒らせてしまったのだろうか?」と。

 ロシア人のおばあさんは、5歳の子供のように謝罪しとても恥ずかしがっているあごひげのある40代の男性に対してさえそのようにする。

2. 朝6時にどこかに行く

 なぜこれほど多くのおばあさんが早朝に公共交通機関を利用するのか、彼女たちが街を通ってどこへ行くのかは誰にもわからない。彼女たちは退職しているはずで、つまり自由なのだ。なぜこんなに早くどこかに急ぐ必要があるのか?!一部の人々は、毎日午前6時のある種の秘密の会議があると信じている。

 

3. 地元を守る

 また、高齢の女性が「警備」をし始めた正確な瞬間はわからないものの、ある日からおばあさんはそこが国境地帯であると錯覚したかのように、自分や公共の財産を警備し始める。 

 おばあさんは、自分の地域の住人全員だけでなく、その友人や親戚まで全員を知っているかのようにふるまって秩序を保とうとする。あなたが初めてその場所に行ったなら、間違いなく、彼女はそうだと知っている。おばあさんは「そう、あなたはどこから来ましたか?」が口癖だ。あなたには会ったことがないはずだ。しかし、おばあさんが住んでいる地域の多くは一般に安全であると考えられている。このような「パトロール」は、世界中のすべてのカメラよりも効果的だ。

 

4. どんなときも何も捨てない

 おばあさんにとって「無駄」というものはない。どんなものでも、2番目、時には3番目、4番目、5番目(または、無限)の生命が与えられる。マヨネーズの缶でさえ、苗木用の鉢植えや小銭の貯金箱として生まれ変わる。 

 最低の罪は、古いパンを捨てることだ。彼女たちの多くは、戦後の飢饉を経験したか、物不足の状態で生活していたため、パンは神聖そのものだ。古いパンをどうするのだろう?おばあさんに聞いてください、彼女は知っている。

 

5. 食べ物を通して愛を表現する

 おばあさんはみんな異なる。かわいい、猛烈な、過激な、文化的ななどだ。しかし、みんな食べ物を通して、最も直接的に愛を表現するという一つの特徴で一致している。このような決まりがある。「あなたがおばあさんのところに行くなら、週末まで食べないでください。」ロシア人おばあさんの目には、あなたはいつも細くて弱く見え、ペンギンのようになるまで彼女はあなたの皿の上に食べ物を置く。おとぎ話のように、どんどん新しい食べ物が出てくる前に、すべて食べきらなければならない(そうしないとおばあさんに怒られる)。しかし、最終的には、食べ物があなたを殺さないなら、間違いなくあなたを強くするだろう(そして、おばあちゃんの論理に従うなら、身体も大きくなるだろう)。

 

6. 手作りの服を作る、ほとんどの場合ものだが

 セーター、靴下、帽子、ミトンなど、これらすべての良いものを、ロシア人のおばあさんからもらった所有者は幸せでいっぱいだ。おそらく、この手作り品はどれも世界に公開されることはなく、おばあさんが作ったお土産はみんな大好きで、タンスの奥深くに保管される。

 

7. 恐怖を植え付ける

 必要なくロシア人のおばあさんに関わらないようにしよう。誰もがそれを理解している。公共交通機関では、おばあさんがあなたに狙いを定める「前」に、席を譲ろう。おばあさんが地下鉄に乗り込んだら、彼女と口論しないで、席を譲って壁の方へと行こう。そうしないと、おばあさんの手押し車があなたの足をひいてしまう可能性がある。時々、自分の道を確保しようとして肘で使うおばあさんのどこにそんな力があるのか驚くだろう。

 周りの人に恐れを抱かせる能力は、本当の超能力だ。おそらくこれが、政府機関、あらゆる種類の事件、不正の兆候と戦うために親族みんながおばあさんを出す理由だ。おばあさんは最ものろまな役人に対峙することができる。

 

8. 缶詰を作る

 おばあさんは知っている。缶詰食品は多くない。毎秋、塩漬け、マッシュルーム、ジャムなどを缶に入れる「冬の準備」を始める。このような準備は、戦争が近づき、これから5年間は地下で過ごすことになるかのように思われるほどのものだ。誰もすべて食べることができないので、春が近づくと、誰も求めていないのに缶詰が親戚の元へ大量に送られてくる。

 

9. ソビエト時代を懐かしむ

 「これは私たちの時代にはなかった」というのはおばあちゃんの口癖だ。若き日が遠くなればなるほど、より明るく、雲一つないものとして昔を思い出す。ソビエト時代の欠点はすべて消え去って、理想の世界が記憶に浮かび上がり、誰もがお互いを気遣い、仕事とアパートを持ち、子供たちは親の目がなくても外を歩き回ることができた。残念ながら、このようなことすべては跡形もなく消えてしまった、とおばあさんは信じているものの、アパートの中に最高の時間の記憶を慎重に保管している。彼女たちは壁からカーペットを外さず、鎌とハンマーが描かれたお祝い用の食器セットから慎重にほこりを払う。

 

10. 厳密にスケジュールに従う

 おばあさんは自分自身の、彼女だけが過去40年間生きていたスケジュールをわかっている。だからロシアの年金受給者が怠惰だと思うなら、あなたは間違っている。毎日特定の時間に、おばあさんは街の反対側にある野菜市場に行くが、地元にはスーパーマーケットもあるのだ。毎日、同じ時間に彼女は公園に到着し、そこで彼女は自分と同じような人々と出会い、同時にそこを離れる。おばあさんは夜のニュースや事件を扱った番組に間に合うように家に帰る必要がある。これら全ての激しい活動により、彼女はとても忙しい。おばあさんはあなたよりも忙しい人かもしれない。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる