「ロシア風」に飾られた車20選(写真特集)

tymannastya
伝統工芸に着想を得た塗装、有刺鉄線、ダイアモンド、女物のタイツ。

1. このSUVはモスクワ郊外で目撃された。どうやらかつてはロシアのシャンソン歌手のものだったらしい。 

2. ラーダ2105は、ソ連時代最も人気のモデルの一つだった。パレフ様式(ロシア細密画の一種)で宝石箱のようにデコレーションされている。

 3. 外車が欲しいけれどお金が足りないなら……。

4. ロシア人はアディダスのトラックスーツしか着ないというステレオタイプを今でも信じている?なら大正解!

5. そう、これは本当に女物のタイツをテールランプに穿かせているのだ。

6. この車が向かってくるのが分からなくても、この車が去っていくのは分かるはずだ。

7. おそらく、所有者のクルスク市民は海賊志望なのだろう。

8. レニングラード州のロシア版ライトニング・マックィーン。

 9. あなたの視線を「釘付け」に……。

10. 今と違って、シフトレバーにバラを埋め込むのはソ連時代には非常に一般的だった。

11. この車は環境保護活動家にぴったりだ。電気自動車ならばの話だが……。

12. この車はマーベルのザ・シングのものかもしれない。少なくとも半分は。

13. 金、金、金……。

14. ロシア人は冗談交じりにチェリャビンスクを「ロシアで最もタフな街」と呼ぶ。その理由がこちら。

15. この塗装はクラスノダールという都会のジャングル用。

16. 装甲を施したキャデラック・フリートウッドがモスクワで売りに出されている。所有者はこれをガゼールと交換しても良いとのこと。

17. 彼女は僕に微笑んでいる!

18. リアーナは言った。「ダイアモンドのように明るく輝け」と。

19. 1996年頃のパメラ・アンダーソンがこの車を必要としている。

20. 「僕はグルート!」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる