高橋大輔主演「源氏物語」をテーマとしたアイスショーにユリア・リプニツカヤが出演予定

アレクサンドル・デミヤンチュク撮影/TASS

 スポーツと日本文化を融合した、ストーリー仕立てのアイスショー「氷艶HYOEN2019-月明かりの如くー」が7月に横浜で公演される。主演高橋大輔をはじめとした世界の名フィギュアスケーターたちが、世界最古の長編小説「源氏物語」を幻想的に氷上で演じる。

 スポーツと日本文化の融合をコンセプトとしたアイスショーは、2017年に第一弾が東京で行われ、歌舞伎とフィギュアスケートの融合とうコンセプトや、豪華な出演者、そしてVOGUE JAPANのスタイリングという視覚的な美しさが、注目を集めた。

 今回は、平安時代の貴族社会を描いた「源氏物語」を、国内外で活躍する演出家宮本亜門氏がアイスショーで表現する。出演者には、荒川静香、織田信成、鈴木明子、村上佳菜子等、日本の歴代フィギュアスケーターたちが名を連ねる。また、ソチオリンピック団体戦金メダリストであるロシア人フィギュアスケーター、ユリア・リプニツカヤも出演する。彼女は2014年に欧州選手権で最年少優勝を果たし、同年の世界選手権で銀メダルを獲得するも、2017年に現役を引退した。

 リプニツカヤは、同作品のストーリー展開の要となる純粋可憐な女性、紫の上役を演じる。

 主人公の光源氏(高橋大輔)と、彼に愛情込めて育てられた紫の上(リプニツカヤ)はやがて恋仲となる。しかしながら、紫の上は光源氏の異母兄弟、朱雀帝(ステファン・ランビエール)にも見初められ、やがて運命に翻弄されていく。

 主演の高橋大輔は2010年に世界王者に輝くも、2014年に現役を引退。しかしながら、2018年に現役復帰を宣言したことで、再び注目を集めている。公演にあたり、自信のインスタグラムでも作品を紹介し「フィギュアスケートの可能性どこまで広げられるか!皆さんに楽しんで頂けるよう全力を尽くします!」とコメントした

 【詳細情報】

氷艶HYOEN2019-月明かりの如くー

日時:7月26日(金)―28日(日) 一日2公演、計6公演

会場:横浜アリーナ

チケット:9000円から

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる