プーチンとアジアの指導者たちとの「政治外」の関係

 ウラジーミル・プーチン大統領は、なぜ中国の習近平国家主席にアイスクリームをプレゼントしたのか。なぜ安倍晋三首相の温泉への招待を断ったのか。そして、なぜマハトマ・ガンディーを尊敬しているのか。

 ロシアとアジア諸国との間には、文化的、政治的関係の長い歴史がある。ウラジーミル・プーチン大統領は、任期中にアジアとの政治的関係に特別な注意を払ってきた。そして、アジアの指導者たちと様々な機会に会ってきたので、それに関するメディア報道はしばしば政治の領域を超えている。

習近平国家主席にアイスクリームを贈る

 2016年、杭州で開催されたG20サミットで、プーチン大統領は、中国の習近平国家主席に、外交儀礼としては非常に珍しいプレゼントをした。絵画や高価な食器などではなく、ウラジオストクから特別冷蔵庫に入れて運んできたアイスクリームを贈った。

 プーチン大統領によると、中国のビジネスマンたちは、中国でロシアのアイスクリームが入手しにくいとこぼしていたという。ロシアのアイスクリームは、ロシア極東から中国に輸入されているが、通関手続きのために鮮度が落ちる。そこでロシア大統領は、いくつか持ってくることに決めたという次第。習近平国家主席は喜びをあらわにして、実はロシアを訪れるたびにロシアのアイスクリームを買っている、と告白した。そして、彼の家族はロシアのアイスクリームが大好きだ、と。

プーチン大統領と習近平国家主席の妻、彭麗媛氏

 2014年のアジア太平洋経済協力(APEC)サミットで花火鑑賞が行われた際、プーチン大統領は、習近平国家主席の妻、彭麗媛氏の隣に座っていた。習国家主席がバラク・オバマ米大統領との会話に気を取られていたとき、いつも気配りするプーチン大統領は、彭麗媛氏の肩にショールをかける配慮を見せた。彼女は微笑み、ロシア大統領に気遣いに感謝した。が、しばらくしてから、彼女は、そのショールをボディガードに渡し、暖かいジャケットを着た。

 中国のテレビは、このエピソードを生放送では放映したが、その後のすべてのニュース放送から削除した。中国人は、個人のテリトリーについて非常に敏感だ。中国文化では、自分以外の配偶者に触れることは許されない。一般的な外交上のエチケットに照らしても、プーチン大統領がしたことはややリスキーだった。

 このエピソードは、中国のソーシャルメディアで大きな波紋を呼んだ。大抵の中国人ユーザーは、ライクをつけてプーチン大統領の行為を支持したが、エチケットに反すると批判した人もいた。

 もっとも、これはプーチン大統領としては、目新しい行為というわけではなく、その1年前の2013年にも、ドイツのアンゲラ・メルケル首相に対して同様のことをしている。

プーチン大統領とシンガポールのリー・シェンロン首相

 シンガポールで東アジアサミットが行われた201811月、プーチン大統領は、シンガポールのリー・シェンロン首相との会談に遅刻した。 両首脳のタイトなスケジュール、空港の警備のずれ込み、交通状況などのために、首脳会談は翌日に延期せざるを得なくなった。2人の首脳のうち1人が1時間半遅れたために、首脳会談の日程が再度調整されたわけで、極めて稀なできごととなった。

プーチン大統領とインドのナレンドラ・モディ首相

 同じくシンガポール開催の東アジアサミットで、インドのナレンドラ・モディ首相は、プーチン大統領と単に握手しただけでなく、ロシア式の抱擁で抱きしめ、大いに親愛の情を示した。

 これに先立ち2015年に、モスクワでの非公式の会談で、モディ首相は、プーチン大統領に2つの重要な贈り物をしている。18世紀のインドの刀剣と、かのマハトマ・ガンディーの手書きの文章だ。

 剣は、露印両国の戦略的な軍事的パートナーシップを強調することを意図していたが、ガンディーの手書きの文は、プーチン大統領が任期の初期にした有名な発言を想い起させる。

 これは、2007年に、ロシアにおける「民主主義と全体主義の間のバランス」について、独シュピーゲル誌の記者の質問に答えたものだった。プーチン大統領は、自分は「世界で唯一の真正な民主主義者」であると言い、「マハトマ・ガンディー亡き今は、語るに足る相手がいない」と付け加えていた。

 さらに続けてプーチン大統領は、ロシアの民主制には確かに問題があるが、ロシアがソ連から現在の国家へ移行する間に多くの試練――一つだけ例を挙げれば北カフカスの内戦――を受けたことを考慮すべきだ、と説明した。

プーチン大統領と安倍晋三首相

 プーチン大統領が最も頻繁に会っているのは間違いなく安倍晋三首相だ。これまでに25回の公式会談が行われており、さらにこの数は増える可能性がある。両首脳には、常に多くの話題がある。とくに南クリル諸島(北方四島)の問題については。

 201612月、プーチン大統領の訪日中に、安倍首相は、自分の故郷である長門市の温泉にいっしょに入ろうと提案した。しかし大統領はその申し出を丁重に断った。代わりに、両首脳は、東京の講道館を訪問し、そこで柔道の演武を見学した。

 柔道はプーチン大統領が愛好するスポーツの一つだ。「私は子供の頃に柔道を始めた。そして東洋の武道全般もだ。その独自の哲学、相手への対し方、礼儀、規則などを学んだ」。プーチン大統領は言う。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる