“ヴォーヴァおじさんはクールなスーパーヒーロー”:ヴラジーミル・プーチンを歌ったロシアの曲

Sputnik
 ヴラジーミル・プーチンはロシアでは間違いなく単なる大統領以上の存在だ。少なくとも、彼について歌った曲の数々を聞けば、そのような印象を受けるはずだ。今回はロシア・ビヨンドが皆さんに、ロシア大統領をテーマにした最もきらびやかなサウンドトラックをお送りする。

1. プーチンみたいな人(Такого, как Путин

 初期の曲はプーチンが大統領に就任して間もなく現れた。“プーチンみたいな人”もその一つだ。ポユシシエ・ヴメスチェ(ともに歌う者たち)という非公式のバンドの3人の少女が2002年に歌った。この曲は彼らの最も人気の曲となった。 

 この曲ではプーチンは理想の完璧なボーイフレンドとして現れる。

私は今プーチンみたいな人がいい

力みなぎるプーチンみたいな人

酒を飲まないプーチンみたいな人

気に触らないプーチンみたいな人

逃げたりしないプーチンみたいな人

 

2. ひらけた平原には(В чистом поле

 “プーチンみたいな人”が歌われたのと同じ頃、ベールイ・オリョール(白い鷲)というグループが別のヒット曲“ひらけた平原には”とともに現れた。ここではプーチンは性のシンボルとしてではなく、頼れるタフなリーダーとして描かれている。これらの曲はともに、二期目の終わりに人気を失ったボリス・エリツィン大統領の10年近い政権が幕を閉じたこと、そして若くて力みなぎる指導者が登場したことに対する熱狂を反映したものだった。

  

 この曲は、9月11日やダイアナ妃の死、タリバン運動に言及することで、当時の不穏な地政学的背景を表現している。一方リフレインは、人々を安心させるためのメッセージになっている。「ひらけた平原にはGRADミサイルシステム。俺たちにはプーチンとスターリングラードが付いてる!

 

3. VVPВВП

 2011年から2012年頃(議会選挙と大統領選があった)、プーチンが首相を務めた後で大統領に返り咲いたことに抗議運動が起こり、情勢が緊迫していた中で、独特の反応として現れたのが、タジク人歌手のトリビョン・クルバンハノフのいくつかの曲だ。それらはロシア語で歌われているが、トリビョンの軽い訛りのために一層風変わりな響きになっている。インターネットでよく広まったのはVVP(プーチンのイニシャル)だ。

VVPは国を救った。VVPが守っている。

VVPはロシアを隆盛させ、どんどん発展させている。

VVPは国民を救った。VVPが大切にしてくれる。

VVPが政権をとっている限り、彼は安定を保ってくれる。

リフレインが続く。

 

4. 私のプーチン(Мой Путин

 プーチンをテーマにした楽曲に新しい流れが生まれたことには、昨今のウクライナ危機や、その結果として西側と関係が悪化したことが関係している。

 外的な圧力が、クレムリンの主人の関知しないところでのミュージシャンたちの集会につながっているようだ。ウクライナ紛争のテーマはマシャニのミュージックビデオ“私のプーチン”の中で目に留まる。女性は明るいひらけた場所で歌うときはロシア国旗の配色の服を身にまとっているが、暗い半地下の空間で歌うときはウクライナ国旗の配色の服を着ている。

 

あなたはプーチン、そうあなたがプーチン

あなたと一緒にいたいの

あなたの後ろからこう叫ぶわ

「私のプーチン、私の愛しいプーチン!

私を連れて行って、

あなたと一緒にいたいの」

 

5. 親友Лучший друг

 同じ頃、プーチンをテーマにした曲を歌う人々の集団に、大変有名な音楽家たちが加わった。ロシアのリズム・アンド・ブルースの歌手として特に有名なティマティが、プーチンに捧げられたサウンドトラック“親友”に登場している。

  

俺たちは国を挙げて彼を支える

皆も彼がクールなスーパーヒーローだって分かってたろう

今日俺はプレーヤーで、友達が付いてる

事はスムーズに進んでる。彼は大物だ。すべては計画通りさ

誰がリーダーか分かってるだろう

 

6. 私たちが一緒にいれば(Когда мы вместе

 プーチンはもう一人のロシア人歌手マーシャ・ラスプーチンとも友達のようだ。少なくとも、2015年の楽曲“私たちが一緒にいれば”の中では、彼女は彼を「我らが友人、大統領」と呼んでいる。彼女はこの曲をクレムリンの中で子供たちのコーラスとともに披露した。

この歴史的な瞬間に不安と希望と試練の時に

我らが友人、大統領受け入れてください。全国民の心からの承認を

何年も何年もあなたは生きる、平等と親睦の旗印のもとで

そして国民はあなたに託す、国家の礎を守ることを

 この竜頭蛇尾な表現に、「全ロシアがあなたのために祈っている」という告白と、お返しに「ロシアのために祈る」ことをプーチンに求める嘆願が続く。

 

7. ヴォーヴァおじさん、私たちがついてるよ(Дядя Вова, мы с тобой

 一番最近のプーチンの曲“ヴォーヴァおじさん、私たちがついてるよ”は話題を呼んだ。ロシアの下院議員アンナ・クヴィチコが、現在の多難な時世を反映した陰鬱な絵を描く軍服姿の子供たちに囲まれて歌っている。

地球は戦争に疲れている

地球の住人は覇権争いにうんざりしている

ヨーロッパ連合には意見がない

中東は不幸に喘いでいる

それから続けて:

もし最高司令官が最後の戦いに呼ぶのなら

ヴォーヴァおじさん、私たちがついてるよ 

 クヴィチコはあるテレビ番組で、「最後の戦い」に参加する意志を子供たちに宣言させることが果たして適切なことなのか、また彼女自身の子供たちはそう考えているのかと追及された。とはいえ、YouTubeでこの曲は人気のようだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる