ロシアでフォーミュラ1グランプリを見る9つの理由

セルゲイ・サヴォスチアノフ撮影/TASS
 最速の車を見たいという当たり前のこととは別に、ロシア・グランプリはゴムの焦げるにおい以上のものを楽しむことが出来る。

 1913年と1914年にレースがサンクトペテルブルクで行われたが、それ以降はロシアではF1グランプリに光があたることはなかった。しかし、2014年にソチにグランプリがやってきて毎年開催されるようになった。

 今年のグランプリは9月28日から30日に開催され、新しく作られた独立非営利団体ROSGONKIによってはじめて運営されることになっている。ロシア・ビヨンドはROGONSKIのCEOであるアレクセイ・チトフ氏にインタビューし、第5回ソチ・グランプリはなぜ見逃せないのかを聞いた。

1.ソチで開催されること

 チトフ氏によれば、ソチには特別な雰囲気があるという。ここは、素晴らしい黒海の暖かい海を背景にした雪をかぶった山々という独特な自然を持った海岸リゾートであるため、レース以外でも、海岸で日光浴をすることもできるし、行動的な人なら、山にハイキングに行くこともできる。グランプリの入場券をもっていれば、ソチの遊園地やスカイ・パークで割引を受けることができる。

2.レース・コース

 コースは、オリンピック・パークと一体化しており、それは世界で唯一の常設FIレース・コースである。全長5.8キロ、収容人員5万5千人のサーキットは、建築家ヘルマン・ティルケによって設計された。

 このサーキットは左回りで、12か所の右カーブと6か所の左カーブとともに、高速走行部と高技術走行部分が設けられている。

 これまでの最高速度保持者は、2014年のグランプリでルイス・ハミルトンによって、第一コーナーと第二コーナーの間の650メートルの直線で記録された時速332キロだ。この時の平均速度は時速213キロで、彼はメルセデスでポール・ポジションを獲得した。

 ハミルトンは、「この美しい場所の、このコースでレースをするのは驚くべきことだ。本当にコースのグリップはいいし、中速度で回るコーナーも素晴らしい。ほんとに楽しい。」と述べている。

3.リーズナブルな入場料

 ロシア・グランプリは入場料に関しても魅力的だ。今年の週末パスは昨年の価格よりもさらに安い。

4.最高のカルチャー・プログラム

 今年は入場客にいくつものカルチャー・プログラムが用意されていて、レース以外でも楽しめるようになっている。9月28日には、伝説的ロックバンド、レニングラードのコンサートによってグランプリの幕が上がる。翌日には、有名なロッカー、Bi-2がステージに上がり、ロシアのラッパーBastaが続いて観客を盛り上げる。ロシア音楽に興味なければ、航空ショーやラリーなど他のイベントの数多く用意されている。

5.子どもにやさしい

 小さな子どもを連れて行っても、会場にはキッズエリアがあり、子どもが出演するショーやフェイスペイント、面白い演し物などさまざまなアクティヴィティが特別に用意されている。グランドスタンドのチケットの子ども料金は大人の半額となっている。

6.ナイトライフ

 グランプリが開かれている週末、ソチではたくさんのパーティが開かれる。クラブ、バー、パブ、そしてカジノでも酒好きな人々を待っている。

7.車好きな人のための色々

 ソチオートドローム博物館に行ってみよう。そこにはレアなスポーツカーやヴィンテージカーのコレクションが収蔵されている。ソチオートミュージアムも1930年代から1980年代に製造された多彩な自動車が展示されていて面白い。

8.舞台裏を覗く

 もしイベントがスタートする前にソチ入りしたなら、ソチオートドロームのスペシャルツアーに参加し、レーストラックからイベントを見ることができる。1時間のツアーで、ピットレーンやパドック、表彰台(おそらく、昨年のレースのシャンパンの跡が残った)、そしてコントロールルームなどを見て、博識のガイドから興味深い情報をたっぷり仕入れることができる。ツアーは9月15日まで。参加希望者はウェブサイトで予約すること。

9.レースカーのドライバーになる(ほんの数分で)

 ソチグランプリは入場客らにサイバースポーツについて知る機会を与えてくれる。週末になると、ソチオートドロームのメイングランドスタンドのファンゾーンにスポーツアクティヴィティゾーンが設けられる。ゲストらは特別なシミュレーターに入れば、本当のレースカーのドライバーになったかのように感じることができる。

  3秒でタイヤの交換をしたい?ピットストップチャレンジゾーンではF1チームの修理工になりきり、タイヤの交換にかかるスピードを競うレースに参加できる。ファンゾーン用のチケットがあれば、参加できる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる