男子バレーボールのスターが日本のクラブに移籍:五輪金のドミトリー・ムセルスキー

練習でのドミトリー・ムセルスキー(真ん中)

練習でのドミトリー・ムセルスキー(真ん中)

ラミル・シツジコフ撮影/Sputnik

 男子バレーボールのロシア代表チームのメンバーで、2012年ロンドンオリンピックで優勝しているドミトリー・ムセルスキーが、ロシア・ベルゴロドを本拠地とする男子バレーボールクラブ「ベロゴリエ・ベルゴロド」を去る。このクラブでムセルスキーは13年間プレーしてきたが、以後は、日本のサントリーバレーボール部「サンバーズ」の所属となる。タス通信が伝えた

 「背番号は13。ベロゴリエで13年間プレー。象徴的じゃないか?ちょうどこの数字の年を区切りに、僕とクラブの道は分かれることになった。僕はすべてのトレーニング、試合でベストを尽くしてきた。体調や僕の人生のいろんなできごとに関係なく。いつも最後のホイッスルが鳴るまで全力を出し切ってきた」。ムセルスキーはこうインスタグラムに記している。

輝かしい戦績

 ムセルスキーは、ロシア代表チームの一員として、2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得。2011年ワールドカップ、ワールドリーグ(2011年、2013年)、2013年欧州選手権でも優勝している。

 またベロゴリエのメンバーとして、ロシア選手権、バレーボール欧州チャンピオンズリーグ、バレーボール男子世界クラブ選手権でも優勝を飾った。

 ムセルスキーは身長218センチ。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる