映像:ノボシビルスク動物園で子熊が逃げだす

Alexandr Kryazhev撮影/Sputnik
やんちゃな二頭は檻のバーを通り抜けるけど、スタッフは驚かない。

 檻のバーをすり抜けられるほど小さくてかわいいときに、どうして檻の中になんてじっとしているでしょう? 生後5ヶ月の二頭のツキノワグマが、ノボシビルスク動物園でこれをやり、檻から逃げ出して、めちゃくちゃに走り回った。訪問者たちが、毛皮を着たこの逃亡者たちの写真や映像を撮影している。

 従業員たちは呼び出されて、最終的には子熊たちを捕まえた。この動物園の学術部長オリガ・シーロは、子熊たちが檻から簡単に抜け出せることを確認したものの、この状況をさほど気にはしていないようだ。彼女はさらに、この子たちはよく逃げ出すが、いつも戻ってくると分かっていると、nsg.ruに語っている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる