シンフェローポリの新空港に新しいマスコットがお目見え。ーそれはあなたのハートをメロメロにする

アレクサンドル・ポレゲンコ/Sputnik
 子犬のアリスは爆発物を嗅ぎ分けるだけでなく、旅行者にいっぱいの愛嬌を振りまいている。アリスのインスタグラムもある。

 産まれて3ヶ月のボーダーコリーの子犬、アリスは4月16日からシンフェローポリ空港の新しいターミナルビルで働き始め、あっという間に乗降客の人気者になった。

 エスカレーターやエレベーターを乗り降りしたり、飛行機を見送ったり、職員たちとも顔なじみだ。自身のインスタグラムまでもうある。

 ロシアのメディアによると、アリスの役目はさらに重要なものになり、武器や爆弾を探索するのを手伝うようにもなるそうだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: