エメリヤーエンコが露日の伝統的格闘技のマスタークラスに

AP
 ロシアММА連盟会長で、総合格闘技で実に10年間無敗という強さを誇ったエメリヤーエンコ・ヒョードルが、日本での「ロシア年」、ロシアでの「日本年」開催の一環として、ロシアの格闘技のマスタークラスで指導するために、日本を訪れる。ロシア連邦スポーツ省のセルゲイ・コシロフ次官が述べた。Rスポーツが伝えた。

 「ロシア格闘技のスポーツ代表団が訪日し、模範演技を行う予定だ。開催地は那珂市と姫路市で、時期は10月29日~11月5日。具体的な種目はサンボ、クラッシュ、北方の混成格闘技、コサックの武術、ブリヤート共和国に伝わる弓術、その他となる」。コシロフ次官は記者会見でこう述べた。この会見は、5月の「ロシア年」と「日本年」のオープニングに 関するものだった。

 「また、ロシア代表団には、ロシアの有名スポーツ選手も加わる予定だ。そのなかには、日本でも広くその名を知られ、総合格闘技とサンボで何度も王者となったエメリヤーエンコ・ヒョードルも含まれている」。コシロフ次官は付け加えた。

 

*ドン・コサックの伝統の格闘技「シェルミツィイ」について知りたい方はこちらをどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: