ボリショイ劇場の日本公演、2020年11月に

ダミール・ユスポフ/ボリショイ劇場
 火曜日、国立アカデミーボリショイ劇場のウラジーミル・ウリン総裁は、2020年にボリショイ劇場が日本公演を行うと発表した。ロシア通信が伝えた。

 ウリン総裁によれば、ボリショイ劇場の次の日本公演は2019年に予定されていたが、東京五輪の準備を理由に2020年に延期されることになった。

 ウリン総裁は「公演は延期し、2020年11月に行う。これは正式な決定であり、詳細について日本側と協議を行っている」と述べた。

 また総裁は5月26日にロシアで行われる日露交流年の開会式の会場にボリショイ劇場が選ばれたことに感謝の意を表し、開会式が然るべきレベルで行われるようできる限りのことをすると言明した。総裁によれば、開会式では和太鼓アンサンブルDRUM TAOとボリショイバレエ団のソリストが共演する。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる