ロシアの政治家が孤独担当省の創設を提案

アレクセイ・マルガヴコ/Sputnik
 「高齢者の孤独問題は大変深刻な問題である。彼らは毎日誰かと関わることを望んでいる」。

 ロシア上院(連邦議会)のワレンチナ・マトヴィエンコ議長は孤独担当省の創設を提案した。彼女はイギリスが近頃、孤独担当省を立ち上げたのを例に、ロシアも参考にできるのではないかと指摘した。

 ロシア通信が伝えるところによれば、マトヴィエンコ議長は「高齢者の孤独の問題はとても深刻です。彼らはお金以上に毎日誰かとの関わりを求めているのです」と述べた

 マトヴィエンコ議長は2016年に幸福省の創設を提案したが、この案は支持を得られなかった。

 

*大都市で孤独を感じることはありませんか?癒しのネコカフェについてはこちらでどうぞ

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: