ケルチ海峡大橋の建設をネコが監督

Cat the most
 どうやら一匹のネコが、建設現場で最重要“人物”のようだ。

 クリミアにかかるケルチ海峡大橋の建設を見守る4本足の重要な現場監督がいる。

 モスティク(“小橋”)と呼ばれるネコは、建設現場の永住者だ。2015年にここで見つかり、作業員ら全員のアイドルになった。

 モスティクは建設現場のさまざまな場所を回り、しっかりと作業を“監査”している。夜には彼はネズミを狩る。

  このネコは、年末に橋の道路部分の強化コンクリート構造が完成すれば、誰よりも早くこれを歩いて渡ることになるだろう。

 モスティクには専属のカメラマンとドライバーがいる。

 彼とは、インスタグラムフェイスブックVKontakteを通してつながることができる。

 そこで彼は自分の生活について話し、ファンとおしゃべりをしている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる