病気がちだったロマノフ家の人々:それは生活習慣のせいだった

 ツァーリにとって健康であることは極めて重要なのに、残念ながら、ロマノフ家のなかには健康に成人できなかった人も少なからずいた。

 患者との間にカーテンを挟んで行われる健康診断なんて想像できるだろうか?言語道断に思えるが、17世紀の初期ロマノフ朝においては、宮殿住まいの皇室の女性は、そのような形で診断された。

 医師――通常は薬事局の外国人だが――は、皇室の女性、つまりツァーリの妻、娘、姉妹などに対しては、気分や痛み、病気について尋ねることしかできなかった。皇室の女性を直に見たり、いわんやその身体を検めたりすることは決してなかった。彼女たちの世話をしたのは、民間療法を行う助産師や乳母だ。 

初期ロマノフ朝の皇室の人々はなぜ病気がちだったか?

 歴史家イーゴリ・ジミンが書いているように、初期ロマノフ朝では、皇室の人々の主な病気は2つあり、感染性結核とくる病だ。後者はふつう、足の湾曲と骨の痛みという形で現れる。これは、若き皇帝の免疫力が弱く、栄養状態も悪く、ビタミン不足であることを意味する。だが、事実上ロシアで最も富裕な家族で、子供たちの扱いがこんなに劣悪だったのはなぜか? 

 答えは同じで、要するに、ナンセンスな生活習慣だ。まず、ツァーリの子供たちの生活だが、5歳になるまでは、ツァーリの子女は、男子も女子も、宮廷の女性専用の部屋にいた。新鮮な空気が必要なのに、皇室の人々は誰かに子供たちを見られるのを恐れていたので(つまり、いわゆる「邪視」を怖がっていた)、窓は閉ざされていた。

クレムリンの宮廷の女性専用の部屋

 しかも、部屋は常に暖房されていた。壁と床は、熱を節約するために布で覆われていた。ベッドも、布や毛皮で裏打ちされており、赤ちゃん自身も、毛皮の毛布の下で、羽毛や枕にしっかりと包まれていた。赤ちゃんのときにしっかりとくるまなければ、体が曲がってこぶを出して成長すると考えられていた(荒唐無稽だが…)。

 子供たちは多くの僕たちに囲まれていた。乳母、保母、夜勤看護師、小間使い、洗濯と裁縫の担当…。しかし、彼女たちは本当に子供の健康に配慮していたと言えるのか?

 歴史家ヴェーラ・ボコワは、皇室の子女に関する、部屋務めの使用人の日常の仕事をこう説明する。

 「身体のほくろの数と場所から、子供の運命を予測する。揺りかごを月光の直射から遠ざけて、睡眠を妨げないようにする。睡眠中の子供が誰の眼にも触れないようにする。邪視から守るために、子供の耳の後ろに煤を塗る。新顔に会う前に、帽子の下の頭に塩を少し振りかける…」

 明らかに、これらはすべて、幼い皇子、皇女が本当に必要とした健康上のケアからはかけ離れていた。

アレクセイ太子(アレクセイ・ミハイロヴィチの息子)(1654ー60)

 子供たちには運動が必要だったのに、皇室にとってふさわしくないというので、ゆっくり歩くことを強いられた。走ったり、叫んだりすることは禁じられた。それで子供たちは、荘重に、あるいは鈍重に振る舞うことに慣れていた。

 子供たちは十分栄養をとらなければならなかったのに、ビタミンCがひどく不足していた。17世紀の交易は依然、輸送にひどく時間がかかる一方、モスクワは冬が7~8か月も続く北方の都市だったから、新鮮な果物がツァーリの食卓に並ぶことは滅多になかった。 

 旧アストラハン・ハン国の地域のスイカだけは、新鮮な状態で運ばれてきたが、正教会は、新鮮なスイカを怖がり、禁止した。理由は…洗礼者ヨハネの斬首された頭に似ているから!そのせいで、スイカは塩漬けにされ、大半のビタミンが失われた。こうしたことがどんな結果をもたらしたか?

 1627年、ロマノフ朝初代ツァーリ、ミハイル・フョードロヴィチは、父親にこう嘆いている。「私は、自分の足で歩くのが難しくなりました。私は椅子に座らされて、馬車に乗せられたり、降ろされたりしております」 

 彼は当時31歳だった!彼の孫、フョードル3世も同じ病気にかかっていた。彼は21年間の短い生涯においてほとんど歩くことができなかった。初期ロマノフ朝のツァーリの遺体を化学分析したところ、この病気がくる病だったことが証明されたと、歴史家ヴェーラ・ボコワは書いている。

フョードル3世

 ピョートル大帝(1世)もまた、その人生最初の数年間は同様に育っており、健康は完璧にはほど遠いものだった。彼の免疫系の改善を助けたのは、おそらく、彼が少年時代から行った軍事演習だったろう。

ピョートル1世の部屋

 とにかく、こんな状況であったから、ロシア皇室では、後継者がまともに生まれ育つまでには、長い年月を要した。そのためもあり、18世紀はクーデターが頻発し、既に成人していた人物が横から権力を奪取し、帝位に就いたわけだ。

エカテリーナ2世とイギリス式育児 

 1754年、将来のパーヴェル1世が、皇太子時代のピョートル3世と妃エカテリーナとの間に生まれた。

幼い頃のパーヴェル1世

 パーヴェルは生まれるとすぐに、大叔母に当たる女帝エリザヴェータ・ペトローヴナの部屋に連れていかれた。パーヴェルは、待望の正当な後継者であり、ロシアの未来とみなされていたので、その健康と幸福は国家の優先事項だった。

 しかしエリザヴェータは、自分が昔ながらの方法によりモスクワで育てられたので、それにしたがって、赤ん坊のパーヴェルも扱った。母親のエカテリーナ2世は次のように回想している。

 「息子は、本来あり得ない問題で、文字通り窒息せんばかりだった。彼は、非常に暑い部屋で、フランネルのおむつをして、黒いキツネの毛皮で覆われたベッドに横たわっていた。顔から全身に汗が流れ、その結果、成長すると、ちょっとした微風で風邪をひき、体調を崩した」

 基本的に、パーヴェルの健康は、初期ロマノフ朝のツァーリたちと同様の問題があった。また、彼の胃は、早くも子供の頃からすっかり損なわれていた。彼は、食事を拒んだが、乳母は強引に詰め込んだ。彼はまた乳糖不耐症で、肉を食べるのに苦労した。これは彼の生涯にわたって続いた。

 エカテリーナは、息子が早々に健康を失うのを見てショックを受けたようだが、女帝エリザヴェータの方針に反対することはできなかった。

 エカテリーナがやったことは、自分の孫であるアレクサンドル(1777年生まれ)とコンスタンチン(1779年生まれ)をはじめ、パーヴェルとその妻マリア・フョードロヴナの子供たちの育て方を一変させることだ。

幼い頃のアレクサンドル1世

 エリザヴェータがパーヴェルに対してしたように、エカテリーナは、アレクサンドルとコンスタンチンを、自分の監督下に置いた。しかし彼女は、厚着や食べ過ぎを許さなかった。彼女は、いわゆる「イギリス式育児法」の信奉者だった。これは、ひ弱で病気がちなスミレみたいな人間ではなく、健康な紳士を育てることを目指すものだ。

アレクサンドルとコンスタンチン

 エカテリーナは孫たちについてこう記している。「アレクサンドルの小さなベッドは、彼はゆりかごも乗り物酔いも知らないので、天蓋なしの鉄製だ。シーツで覆われた革のマットレスに寝ており、枕と英国製の軽い毛布を用いる。生まれて以来、健康であれば、毎日入浴する習慣だ」

  アレクサンドルとコンスタンチンの部屋は、摂氏19度までしか温められず、空気を新鮮に保つために、大きなシャンデリアではなく、数本の蝋燭で照らされていた。

*もっと読む:ロシアのエカテリーナ女帝の12の子育てルール

 ウールの水着を着た孫たちは、離宮ツァールスコエ・セローの池で水遊びをし、祖母を喜ばせた。また、彼らは身体を使った作業に慣れてもいた。ロシアでは、貴族は肉体労働を避けていたから、目新しかった。

ツァールスコエ・セローの光景

 アレクサンダーとコンスタンチンは、木を鋸でひいたり切ったりし、絵の具を混ぜて塗り、布張りしたり、薪を切ったり、耕したり、刈り取ったり、馬を操ったりと、いろんなことを学んだ。

 また、少年たちは言語に興味を示した。アレクサンドルは、6歳になるころには、ロシア語と英語で話し書くことができた。

 しかし、少年たちは両親から引き離されたわけではなく、定期的に会っていた。パーヴェルは、息子たちの軍事教育と演習を監督し、絵画と彫刻が好きな母フョードロヴナは、美術と絵画を教えた。そのおかげで、彼らは後にどちらも上手になった。

 しばらくして、パーヴェルとマリアの間にニコライ(1796年)とミハイル(1798年)が生まれると、彼らも、エカテリーナ式の方法で育てられた。その結果、パーヴェルの子供たちは、おそらくロマノフ家のなかでは最も健康だった。

 多少の変更はあるものの、パーヴェルの子供たちが育てられた方法は、その後のロマノフ朝の育児法も規定した。厳格さ、水浴、運動がこの方法の中心をなした。ちなみに、詩人ワシリー・ジュコフスキーが考案した日課を挙げておこう。彼は、皇太子アレクサンドル――将来のアレクサンドル2世――の家庭教師を務めていた。

  •  午前6時 起床
  •  午前6時~7時 祈祷、朝食、来る一日の準備
  •  午前7時~9時 授業
  •  午前9時~10時 休憩、訪問
  •  午前10時~12時 授業
  •  午後12時~午後2時 散歩
  •  午後2時~3時 昼食
  •  午後3時~5時 休憩、遊戯、散歩
  •  午後5時~7時 授業
  •  午後7時~8時 体操または遊戯
  •  午後8時~9時 夕食
  •  午後9時~10時 一日を振り返り、日記を付ける。

 こういう日課だ。驚くべきことだが、たぶん皇室の子供たちは、ロシア帝国で最も忙しい子供の部類だったかもしれない!

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる