1980年代のソ連に思いを馳せる写真26選

 何百万の人にとってのソ連時代の最後の数年であったが、皆は当時それをまったく知らなかった。

 1. 10年生のマリア・カリーニナは1988年に初のソ連美人コンテストで初代女王に選ばれた。

 2.ファッション雑誌ブルダは1987年2月にソ連で初めて発行され、多くのソ連女性を魅了した。

 3. 1980年代のメーデーは大きなお祭りであった。

 4. 1987年にピオネール(共産主義少年団員)のキャンプは大々的なものであった。

 5.誰もが知るブランドはソ連の市場を探りつつ始まり、人々の好奇心を誘った。

 6.確固たる地位があったソ連製の自動車は上品であか抜けた存在であった。

 7.ソ連の航空会社は、現代の航空会社が恥ずかしく思ってしまうような高品質な乗客向けのサービスを行っていた。

 8.モスクワオリンピックの伝説のマスコットは1980年代のシンボルとなった。

9.ロナルド・レーガンは1988年にモスクワで温かい歓迎を受けてからは、ソ連を「悪の帝国」と呼ぶ理由を失った。

 10.ロナルド・レーガンは1988年に赤の広場で何人かの少年と握手さえした。

 11.技術革新はソ連社会を虜にした。

 12.絨毯に対する需要が高い時代であった。

 13.その当時、「贅沢」の意味は全く別物であった。新しい家具、テレビ、そして絨毯を持てる資格があることが「贅沢」であった。 

 14.ソ連時代、人々は選択肢が多いと言うことがどういうことなのか知らなかった。

 15.時には数の多さは選択肢の多さではなかった。

 16. 1980年代にはブレークダンスが流行した。 

 17.テレビでは知的番組が人気であった。「何が?どこで?いつ?」(Chto? Gde? Kogda?)がヒットした。

 18.人々は冒険心旺盛であった。これは、カラチャイ・チェルケス共和国でのスキーの様子。

 19.社会的道徳観は人前で愛情を表現する程度までは寛容であった。

 20.ソ連時代の典型的な台所。

 21.肉体美礼賛はソ連で瞬く間に広まった。 

 22.ディスコがソ連でブームとなった時代でもあった。

 23. 80年代はロックの時代だ。

 24.多くのものを手に入れるのに人々は行列を成した。これはケーキを求める列である。

 25. 1980年代のジェツキー・ミール(子どもの世界デパート)は、現代のものとはかなり違っていた。

 26.「ソ連共産党よ永遠なれ!」- 1980年代は、イデオロギーをよく目にしたが、それも長続きはしなかった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる