80年夏の思い出

写真提供:ロシア通信

写真提供:ロシア通信

旧ソ連時代の1980年にモスクワで開催された夏季オリンピックは20世紀で最も壮観なスポーツ祭典の一つに数えられよう。モスクワ夏季五輪では、ソ連軍のアフガニスタン侵攻に抗議した米国、日本、中国など約50カ国が参加を中止した。「政治とスポーツ」の関係のあるべき姿が問われた大会だったが、選手らが健闘する姿は会場の観客、テレビの視聴者ら多くの人に感動を残した。

決選でロスに勝利

  モスクワは側陣営で初めて五輪開催の権利を得た都市となった。

  この歴史的決定は19741023日にウィーンでC(国際オリンピック委員会)第75回総会で採択された。終段階でスクワサンゼルスの票決になり、3920連の首都した

  この瞬間から、ソ連(ロシア初の五輪開催と聖火リレーに向けて備が始まった。

  聖火は621日にアテネを出発してから、ソフィア(ブルガリア)―ブカレスト(ルーマニア)―キシニョフソ連・モルドバ)―キエフソ連・ウクライナ)―モスクワと、すべて社会主義圏を運ばれて来た。

 1980年の開催でわずか5年。この間に90を超える五輪連施設が建設された

 屋内競技場「オリンピック・スタジアム」、ェレメチェボ第2空港、ホテル「コスモス」、オリンピック村、テレビセンター「オスタンキノ」館、オリンピック・プレスセンター(現在はロシア通信)などが建設された。

 1万人収容のテル「イズマイロボ」州最大としてギネス世界記録」に載った内最大のスタジアム「ルジニキ」も改修された。

 五輪用に建てられたこれらの施設のほとんどが今日にいたるまで有効利用されている。

 

スポーツくじ

数字あれこれ

203個
モスクワ五輪では203個の金メダルを争い、連が80個獲得。
65カ国
ソ連のアフガ侵攻に抗議して輪をボイコットした国の数。
95カ国
モスクワ五輪に選手派遣した国(米国は80している)

 五ンフラ建設のために、ソ連は巨額の外債募集に頼ったと見方広まっ、これは正しくない。

 予算を圧迫せずに「世紀の建設」の資金を捻出すく、国連型経済としてはユニークな解決方法を見つけた全国スポーツくじの発売だ。

 発行はソ連全体で8回行われ、その売り上げの半分がソビエト共和国のナショナルチームの準備に費やされた。数千万人がくじを買っモスクワ五輪に献した

 

政治とスポーツ

 モスクワ五輪は「政治とスポーツ」という問題を残し、世界のほぼすべての国が参加とはならなかった

 一方で、五輪を機に技術促すにあたっては皮肉なことに、世界の大企業のボイコットも手伝っ

 例えば、テレビ中継の機材は国企業提供しくれると当てにしていた、米国の五輪ボイコットで、ソ連は力で解決するよう強いられた。

 結局、テレビスタジオ、ビデオカメラ、ビデオレコーダーなどは連の企業で自力産された。

 

こぐまのミーシャ

  誰もが例外なく、五輪直前首都の変容目を見張った。

  五輪の波に乗って、愛国心が高揚し、スポーツへの関心が高まった

 ハンドボールで金メダルを獲得したタチアナ・コチェルギナさんはう回想する。

もっと読む:

ソチを熱くする

 「街は潔さ持ち美しく装った人々がかっぽ歩組織、運営は最高でした」

 馬術競技で優勝したエリザべー・マックスイラーさんはこぐまのミーシャの大きな風船が飛んでいったときはいちゃった」と告白た。

 ミーシャの人気と印象の強さから、高の五輪マスコットの一つになった。

 ソ連は世界的なイベントを開催する能力を示し、経済面では東側のみならず西側のパートナーとも長期契約を結ぶきっかけになった。

 8010C執行委員ランチ総括た。

 「モスクワ五輪はリンピックの織・運営、技術、文化プログラム、報道機関、テレビジオの作業条件整備においてたな基準を提示した」

 

コメルサント紙より転載