ロシア史上最も不可解な事件「ディアトロフ峠事件」に衝撃の新説

Archive photo
 59年前、10人のスキーヤーがウラル山脈にある「死者の山」に登った。下山したのは途中で引き返した一人だけ。身の毛もよだつような失踪事件の顛末と不可解な状況は悪夢を思わせ、ハリウッド・フィクションの題材にもなった。長い年月を経た今、事件の真相に最も迫ったと自信を見せる一人のロシア人ブロガーが現れた。

 失踪事件の結末は科学者らと捜査班に衝撃を与えた。遺体は異なる場所で異なる時期に発見された。何体かは骨折などの重症を負った形跡があり、また何体かには放射線被曝が見られた。遺体の半数は裸か、あるいは他のメンバーの服を身に着けていた。近辺に事件の原因となるようなものはない、というのがソビエトの捜査当局の結論だった。

 精神病に起因する殺人から宇宙人による犯行、政府の極秘実験まで、さまざまな説が提唱された。

  事件から60年近くを経た今、新説を唱える人物が現れた。超常現象や不可解事件に関するジャーナルを発行しているロシア人ブロガーのワレンチン・デグテリョフ氏だ。彼は、ディアトロフ一行の死が、威力の小さなミサイルが山に直撃したことによるものだと考えている。自身のオンラインジャーナルで彼が述べたことには、この一帯の衛星写真を詳しく調べると、証拠となる直径30メートルのクレーターが見つかるが、それは彼らのテントから約3キロメートルしか離れていないという。

 「花崗岩は一度溶解し、基本的に赤いガラスに変質している。衝突の際の温度は非常に高かったと考えられる。これは衛星写真ではっきりと確認できる。」

  彼はこう続ける。「衝撃波に叩き起こされ、[ハイカーらは]眩しい光に目がくらみ、おそらく一時的に視力を失っていた。彼らが突然逃げ出し、森へ駆け下りた理由が説明できる。」

  奇妙にも聞こえるが、ミサイルの発射は実験ではなかったとデグテリョフ氏は考えている。

 「ミサイルはおそらく軌道から外れて針路を変え、誤って山の側面に激突したのだろう。」

 ブロガーは、もし犠牲者の衣服から放射線が検出されていなければ、彼は隕石落下説を採っただろうと述べる。

  「春になったら現場を徹底的に調べる必要がある。もし実際に放射線が検出され、衝突のクレーターが見つかれば、ディアトロフ峠の謎は解けたと考えて良い。」

  だが、デグテリョフ説ですべてが説明できるのだろうか。

そもそも何が起きたのか

  23歳のイーゴリ・ディアトロフ率いる一行は、1959年の冬にオトルテン山へトレッキングに行ったきり戻って来なかった。その後の調査で分かったことは、2月2日に一行が宿泊していたテントが内側から引き裂かれ、中にいた人々は寝巻き姿で夜の闇の中へと飛び出し逃げ惑ったということだ。遺体はすべて数週間以内に発見されたが、何人かは他の仲間の衣服を着て死亡していた。衣服は高い放射線量を示していた。

  実に奇妙なことに、何体かの遺体に低体温症の形跡しか見られなかった一方で(だがなぜ彼らは裸だったのか)、森の奥深くで発見された他の遺体は、内出血や骨折、頭蓋骨のひびなど、体内に大きな損傷が見られたのだ。メンバーの一人リュドミラ・ドゥビニナの遺体には舌がなかった。

  捜査班はこの状況になす術なく、事件性はないと判断した上で捜査を打ち切った。最終的な報告書では、一行が「正体不明の抗い難い力」によって死亡したと記された。

  当局がようやく情報公開したのは1990年代のことで、当然これもさまざまな憶測を呼んだ。核実験から宇宙人による犯行まで、多くの陰謀論が囁かれた。事件と同名のホラー映画まで登場した。

さまざまな説

  さて、デグテレフの新説は発表から間もなく賛否両論を呼び起こした。彼の「発見」に対し肯定的なコメントを残す人もいれば、他の説と同様に慎重な検証を要するとする立場の人もいる。吹雪の中で起きた怪奇事件には、知られているだけで合わせて60以上の仮説が提起されている。

 科学的に断言できることは、9人のスキーヤーの怪我が、近辺にあった何物によるものでもないとうことだ。

 特に興味深い説の一つは、「現地のマンシ族が生贄を捧げる儀礼に用いていた聖なる洞窟」をめぐるものだ。マンシ族はそもそも部外者が山に立ち入るのを嫌っていた。彼らは、ディアトロフの一行が生贄の洞窟から貴重な品々を盗み出したことに憤慨して、一行に夜襲をかけて殺害した、というのだ。しかしこの説は事実無根のでたらめにすぎない。

 その他、無秩序で暴力的な死の原因が、一行が現地の狩猟民から得た有毒な密造酒(これも「儀礼用」だとか)だというものだ。この酒は容易にサイケデリックな幻覚を引き起こすのだという。一応この説は、一行がばらばらに逃げ、一見不可解な行動を取ったことの説明にはなり得る。

 テントが内側から引き裂かれていたということに加えて、テントの外にディアトロフの一行のメンバー以外の足跡がなかったという事実もある。一行がテントから飛び出してさまざまな方向に逃げ出したことは確かなようだ。事件は依然謎に包まれたままだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる