古代の森がバルト海から出現

アレクサンドル・ポドゴルチュク / klops.ru
東風が海流を押しのけ砂に埋もれた木の株の数々をあらわにした。

 ロシアのクルシュスカヤ国立公園(モスクワの西方1,230キロ、カリーニングラードからさほど離れていない)にこれまで残されてきた謎の古代の森が、海の潮が通常以上に引いたおかけで姿を現した。

 これらの木々は少なくとも数百年の樹齢とみられている。

 通常は、バルト海のこの海域では潮はこれほど引くことはないのだが、東風のおかけで新たな海岸線が姿をあらわすことになった。しかし、またすぐにこの不気味な森は海水に覆われることになるだろう。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる