ソチに桜並木「みどりの園」:露日友好の記念として

保養地「イメレチンスキー」
 4月6日、黒海沿岸のソチ市の保養地「イメレチンスキー」に、露日友好の印として桜の庭園が造られた。保養地のホームページが伝えた。

 18本の桜からなる桜並木は、山田みどりさんを記念して「みどりの園」と名付けられた。山田さんは、池坊の生け花の教授「総華督」を務め、既に約30年間、ロシアで生け花、茶道、墨絵を教えている。これから毎春、新たな桜の木を植えていく計画だ。

 「私はこれまで再三、ロシアの様々な地域にサクラを植える機会があったが、日本と異なる気候に木が順応して咲くかどうか、いつも心配していた。しかし私たちは今日、公園『南の文化』を訪れ、様々な品種のサクラが咲き誇っているのを目にした。 だから、保養地『イメレチンスキー』の庭園の運命については気をもまないで済む」。こう教授は語った。

 

*モスクワではいつどこで満開の桜を見られるだろうか?こちらの記事をご覧ください。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: