ロシア人が作るズッキーニの詰め物料理5選(レシピ)

Legion Media
 ズッキーニはロシアのダーチャで余るほど収穫できる数少ない野菜の一つである。そんなわけで、ズッキーニを使った料理も数多くある。そんな中からとっておき料理をご紹介しよう。

 ズッキーニに詰め物をするには、普通、2センチから4センチの厚さの輪切りにするか、縦半分に切って中身をくり抜いてボート状にするかのどちらかである。「ボート」にするのには、15センチくらいの小さめのもので、太さが一定のまっすぐな形のズッキーニが合う。もしズッキーニのシーズンでさまざまなものが手に入るなら、好きな形の好きな詰め物を選んで作ってみよう。

1. 野菜詰め 

 すでに古典的なソ連の家庭料理と言えるものである。詰めるものとしては、ひき肉以外に、トマト、コメ、あるいはその他なんでも家にある穀物を加えてもよい。

 作り方:お米(20g)は途中まで出来た状態まで茹でる。タマネギ(1/2個)は角切り、ニンジン(中サイズ1本)はおろし器でおろし、植物油で炒める。角切りにしたトマト(2個)を加え、塩コショウで味を調える。お米と細かく刻んだハーブを加え、お好みで塩を足す。大きめのズッキーニ1個か中くらいのズッキーニ2個を4センチの輪切りにする。真ん中をくり抜く。ズッキーニをクッキングペーパーを敷いた天板に並べ、餡を詰めていく。ズッキーニの上からアルミホイルをかぶせる、またはサワークリームやマヨネーズを塗る、あるいはおろしたチーズをふりかけてもよい。180℃のオーブンで25分焼く。

2. キノコのジュリエン

 伝統的なジュリエン(食欲をそそるクリームソースにキノコが入っていて、上からカリッと焼けたチーズが乗ったもの)はココットに入っているが、ここではズッキーニをココットとして使う。

 作り方:中ぐらいの大きさのズッキーニ(2本)は4センチ幅の輪切りにする。それぞれ、スプーンで、底を残して中身をくり抜く。天板に植物油を軽く塗り、ズッキーニを並べ、最大180℃で15分焼く。みじん切りしたタマネギ(1個)をフライパンに入れ、バター(50g)で炒める。細かく刻んだキノコ(200g、マッシュルームが合う)を加え、火が通るまで炒める。炒めている最中に植物油を加えてもよい。小麦粉(大さじ1)を加え、炒め、牛乳(150ml)を注ぎ入れる。塩コショウを加える。とろみがつくまで混ぜる。上からおろしたチーズ(100150g)をふりかけ、オーブンに入れ、表面が黄金色に色づくまで15分から20分焼く。

3. ナッツ入りカッテージチーズ

 ロシアのお祝いのテーブルでよく目にすることができる前菜が、ナスやズッキーニでナッツの入ったカッテージチーズを巻いた料理である。しかし、これをもっと大きなサイズで作ることができる。

 作り方:ズッキーニ(2本)を縦半分に切り、中身を取り出し(中は捨てずに置いておく)、ボートの形にする。塩コショウをし、植物油を塗って、オーブンに入れ、180℃で15分焼く。トマト(2個)の中身(種は取り除く)、パプリカ、オリーブ(30g)、ズッキーニの中身(種は取り除く)を小さめの角切りにする。ニンニク(1片)を刻み、すべての野菜をオリーブオイルで10分ほど炒める。野菜、カッテージチーズ(80g)、ケシの実またはクルミ(40g)、パン粉(40g)を混ぜ合わせる。お好みで塩コショウする。ズッキーニの半分に詰め、上からパン粉(10g)、ナッツ(10g)をふりかける。パセリを添えて出す。

4. お米ととろけるチーズ

 この料理は、「修道院風ズッキーニ」と呼ばれている。肉が入っておらず、正教の精進期にも作ることができるからだと考えられる。

 作り方:お米(20g)を、途中までできた状態まで茹でる。タマネギ(1/2個)は角切り、中くらいの大きさのニンジン(1本)はおろし器でおろし、植物油で炒め、塩コショウする。とろけるチーズ(70g)をおろし器でおろす(とろけるチーズがなければ、ハードチーズでもよい)。チーズを野菜に加え、チーズが溶けるよう混ぜる。お米、バター(5g)、刻んだハーブも加える。すべてを混ぜ、お好みで塩を加える。大きめのズッキーニ1本または中くらいのズッキーニ2本を4センチ幅の輪切りにする。中身をくり抜き、両方からスプーンで軽く押す(お米は調理することで膨らむ)。ズッキーニを天板に並べるかマルチクッカーに入れる。焦げ付かないよう底に50mlの水を入れる。ズッキーニの上にアルミホイルをかぶせるか、サワークリームまたはトマトソースを塗る。180℃に予熱したオーブンに入れ、25分焼く。

5. 卵とハーブ

 ズッキーニは、アボカドと同じくらい、おしゃれな朝食にピッタリ。しかも消化しやすく、ミネラルやビタミンも豊富で、コラーゲンまで摂取できる。

 作り方:若いズッキーニ(2個)はきれいに洗って、端を切り落とし、縦半分にカットし、スプーンで中身を取り出す。天板の底に並べ、50ミリの水を注ぐ。ズッキーニは塩コショウし、180℃に予熱したオーブンに入れ、10分焼く。オーブンから取り出し、それぞれに卵を1つ割り入れる(黄身が割れないよう気をつける)。塩を加え、パセリなどのハーブを散らし、オーブンで10分ほど焼く。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる