有名な「仔牛のオルロフ風」を鶏肉で作り直してみよう(レシピ)

Yulia Mulino
 このフレンチ風のチキンを食べれば、鶏の胸肉がいかにジューシーかを実感するだろう。

 「仔牛のオルロフ風」の伝統的なレシピは、19世紀に、アレクセイ・オルロフ伯爵のフランス人シェフ、ユルバン・デュボワが考案した。この料理は、仔牛、マッシュルーム、ベシャメルソースとチーズでできていて、ソ連の多くの人々は、「フランス風牛肉料理」と呼んでいた。レシピは、そのときどきで手に入る材料に合わせて、なんども改良された。たとえば、仔牛肉の代わりに、豚肉が使われたり、牛肉がタマネギ、トマト、キノコ、ジャガイモなどと一緒に調理され、マヨネーズとチーズがトッピングされた。

 この料理の利点は、トッピングをお好みで変えられるなど、自由な発想で作ることができるという点であった。そしてもっともエレガントな作り方が、鶏肉を使うというものである。すり下ろしたリンゴと甘く炒めたタマネギがこの料理をとても繊細な一品にし、ナツメグと少量のガーリックで鶏肉はパーフェクトなものになる。

 我が家では、どんなタイプの「フレンチ風牛肉料理」を作っても、おいしく仕上がったが、鶏肉バージョンは中でも絶品である。 

材料:

  • 鶏の胸肉 2
  • リンゴ 2
  • タマネギ 2
  • チーズ 200g
  • マヨネーズ 50g
  • ナツメグ 小さじ1
  • ガーリックパウダー 小さじ1
  • 黒コショウ
  • 調理用油

 

作り方:

1. 鶏の胸肉は4センチから5センチに切る。

2. 肉をビニール袋に入れ、ミートマレットで叩いて柔らかくする。

3. 金属製のリングを使って、丸く型を抜く。塩、黒コショウ、ガーリックパウダー、ナツメグで下味をつける。

4. タマネギは塩少々を加えて、茶色く色づき柔らかくなるまで炒める。少量の砂糖を加えてもよい。生のタマネギよりも、炒めたタマネギを使った方が、デリケートな味になる。

5. 炒めたタマネギを鶏肉の上に乗せる。

6. リンゴは皮をむいてすり下ろす。

7. すり下ろしたリンゴをタマネギの上に乗せる。

8. ビニール袋で絞り袋を作り、マヨネーズをかける。絞り袋を使うことで、より簡単に、よりきれいにマヨネーズをかけることができる。

9. 金属製のリングを使って、チーズをかける。

10. 180℃のオーブンで20分から25分焼く。鶏肉に十分火が通り、表面がきれいな黄金色になり、チーズがカリカリしてきたら出来上がり。

11. 熱いうちにサーブする。どうぞ召し上がれ!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる