冷製スープ「オクローシカ」

Legion Media
 暑い日は冷たいスープの出番 。ロシア料理で冷製スープといえばオクローシカ( 語源はロシア語の「クロシーチ(細かく刻む)」)。

 オクローシカは細かく刻んだ新鮮な野菜に冷たい汁をかけたスープで 、昔はキュウリかキャベツの漬け汁をかけていたが 、クワスがオクローシカの伝統的な基本材料とみなされている。今では、ケフィア、ヨーグルト、ミネラルウォーター、さらにはビールまで用いられてる。オクローシカは清涼感あふれるスープで、しかも煮なくてよいので野菜のヴィタミンが保たれる。

材料:

〈4人分〉

  • ラディッシュ  10〜12個
  • スメターナ (サワークリーム) お好みで
  • ジャガイモ 大2〜3個
  • 青ネギ   100㌘
  • ディル  1房
  • パセリ   1 / 2房
  • 卵  2個
  • 塩漬けキュウリ  4本
  • 鶏肉 (茹でたものか燻製のもの) 500㌘
  • 西洋わさび 小さじ2杯
  • クワス 1ℓ

作り方:

  1. ジャガイモを皮つきのまま茹でてから皮を剥いて賽の目に切り、青ネギ、ディル、パセリをみじん切りにする。
  2. それらを大きなボールに入れて塩を加え、混ぜ合わせて軽くほぐす。
  3. 茹でた卵とキュウリを賽の目に切り、ラディッシュと鶏肉を千切りにし 、 それらをジャガイモの入ったボールに入れて混ぜ合わせる。
  4. ボールにクワスを注ぐ。*クワスに西洋わさびを加えてもよい。
  5. オクローシカを皿に取り分け 、 お好みでスメター ナ (サワークリーム ) を添える。

オクローシカ用のクワスの作り方:

 ライ麦パンを細かく刻んでオーブンでこんがり焼く。それを熱湯に浸して暖かい場所に4〜5時間置く。濾してから砂糖とイーストを加え、厚手の布で包んで暖かい場所に数時間置く。パ ン500㌘の場合:イースト50㌘、水4 ℓ、砂糖200㌘。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる