今でも西側諸国の菓子に劣らないソ連時代のクリームファッジの作り方

ワシリサ・マリンカ
 バラの花の形をしたこのスイーツは、外国からいろんな菓子が入ってきた現代においても100年前に初めて作られた時の人気を変わらずに保ち続けている。さて、その秘密とは?

 子供の頃、そのお菓子の小さなエレガントなバラの形がわたしを魅了した。それはまるで小さなおもちゃのようだったからだ。それにお菓子が入っていた箱も素敵だった。色が変わっていて、ベージュと茶色だった。カラフルな箱でなくて、シンプルで、楽しくて、落ち着いたデザインであった。その箱には、このお菓子(スリーヴォチナヤ・ポマトカ=クリームファッジ)の写真が印刷されており、中を見せる透明な「窓」はなかった。何回も見ていて中身を知っていたにも関わらず、その箱を開けるたびに驚かされたものだ。

 包装やこのお菓子の形の魅力以上に、スリーヴォチナヤ・ポマトカの味はとても素晴らしかった。

 ソ連で生れ育ったロシア人の多くは、クリームファッジを見ると、子供時代をノスタルジックに思い起こす。そしてそれは、ロシア最古の菓子工場であるクラースヌィ・オクチャーブリ(「赤い10月」)と結びつくのだ。この菓子の歴史は100年以上もあり、世界中で数多くのバリエーションが生まれている。

 スリーヴォチナヤ・ポマトカは1920年代にクラースヌィ・オクチャーブリの商品ラインアップに登場し、お菓子の中でも大人気商品となった。1992年以降は海外のお菓子が数多く入ってきて、ソ連時代の伝統的なお菓子は姿を消したもののあるが、このポマトカは生き残っている。そして今でも、あらゆる世代の人の間で人気を保っているのだ。

 このお菓子の特長はその組み合わせの良さ、つまり味と食感の両方の素晴らしさである。

 この菓子は、中は柔らかく粘り気があってクリーミーな一方、外側は薄くカリッとしているのだ。砂糖漬け果実とわずかなコニャックが入っていることによって、独特な香りと軽さを醸しだしている。この絶妙なコンビネーションが素晴らしい。

 その独特な味に加えて、スリーヴォチナヤ・ポマトカはある特色を持っている。小さなバラの形だ。1920年代から90年代までは、バタークリームで作られたバラや花でよくお菓子を飾っていたものだ。このアイデアがこのファッジにも使われた。今では、お菓子を飾るにはもっと現代的な方法に変わってしまったが、ポマトカの形だけは変わらず、最初に作られた時のままで、このお菓子の不可欠な部分のままである。

 この伝統的なお菓子、がんばって作ってみると、その価値が分かることは請け合いである。

材料:

  • 砂糖 300g
  • ホイップクリーム 200ml
  • バター 60g
  • ミルクパウダー 50g
  • 塩少々
  • ヴァニラエッセンス 小さじ1/2
  • レモンエッセンス 小さじ1/2
  • コニャック 大さじ1

作り方:

  1. 材料を計量する。

  2. 鍋にクリームとバターを入れ、中火にかける。バターが溶けるまで泡立てる。
  3. バターが完全に溶けたら、ミルクパウダーを入れ、完全に溶けるまで泡立てる。
  4. エッセンスと塩、砂糖全量を加える。

  5. 中火にかけたまま、クリームが鍋にくっついたり、焦げてしまったりしないよう、しっかり泡立て続ける。手を休めずに混ぜながら、115℃になったら、火からおろす。
  6. ポマトカを70℃くらいにまで冷まし、ミキサーのボウルに入れる。泡立て用のアタッチメントを使い、ポマトカの色が薄くなり、室温くらいに下がるまで混ぜる。
  7. 星型の絞り口のついた絞り器を用意し、クリームを三等分しておく。一度にたくさん入れると硬くなり、絞り袋が破れることがあるので少量にしておく方がやりやすい。
  8. ベーキングトレイまたはカッティングボードにクリームを絞っていき、室温で3時間から24時間乾燥させれば出来上がり!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる