ロシア人画家の作品に見るロシアの都市

イワン・クリコフ
 ロシアの画家たちは2つの首都だけでなく、地方都市の広大さや首都から離れた小さな都市の黄金の丸屋根、海岸沿いの南の都市からも感銘を受けた。

登塔者聖シメオン教会、ニジニゴロドクレムリン、1806年
スターラヤ・ラドガの風景、1833年
ツァールスコエ・セローのアレクサンドロフスキー宮殿、1847年
フェオドシアの日の出、1855年
コストロマ近郊のイパチエフスキー修道院、1861年
ヤロスラヴリの十字架行進、1863年
プスコフの教会の出口、1864年
ミヤマガラスの飛来(コストロマ州)、1871年
聖週間のトゥーラの屋台、1873年
モスクワ絵画学校の窓からの景色、1878年
クールスク県の十字架行進、1880〜1883年
ネフスキー大通り(サンクトペテルブルク)、1887年
夕べ、ゾロトイ・プリョス、1889年
ヤルタの埠頭、1890年
オラニエンバウム、1901年
ボルガ川のお祭り(ヤロスラブリ州)、1909年
ムーロムの市場、1910〜1912年
キスロヴォーツクの扉のある風景(門の景色)、1913年
グルズフ、1914年
セヴァストーポリの風景、1960年代

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる