ロシア人画家が描いたサンクトペテルブルク

 ロシア中の画家たちの題材として、いつの時代にも愛された帝政時代の首都ペテルブルク。時代を超えた美しさが多くのキャンバスに残されている。

フォンタンカ川から見たサンクトペテルブルクのミハイロフスキー城の風景、1800年
ペテルブルクのカザン聖堂の景色、19世紀初頭
センナヤ広場、ペテルブルク、1822年
聖イサアク大聖堂とピョートル1世の銅像、1820年代末から1830年代初頭
聖イサアク大聖堂とピョートル1世の銅像、1844年
ペテルブルグの中庭、1850年
ペテルブルクの夏の庭園の並木道、1869年
サンクトペテルブルクのセナツカヤ広場にあるピョートル1世の銅像、1870年
ペテルブルクの夜、1871年
ネヴァ川とワシリエフスキー島の岬、1879年
ペテルブルクにあるミハイロフスキー城の白鳥運河からの景色、1880年
夜のネフスキー大通り、1882年
ペテルブルクの景色、1888年
酷寒の日の聖イサアク大聖堂、1891年
ペテルブルクの宮殿広場、1905年
ペテルブルクのマースレニツァ(バター祭り)、フラグメント、舞台装飾のデッサン、1911年
ペテルブルクのクリュコフ運河、1910年
10月25日の大通りでのメーデーのデモ、1934年
屋根、ゲスレロフスキー大通り、1941年
「青銅の騎士」の脇で。水を汲む人、1941–1942年
水を汲みに、1942年
レニングラード封鎖、1942年
1945年7月9日の祝日のネフスキー大通り
エルミタージュの庭、1960年代
レニングラード、労働広場、1983年
グリボエードフ運河、1985年
ネフスキー大通り、2007年
「私の窓から見える景色」、2020年

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる