孤独と孤立を描いたロシア絵画15選

 家にいるのに飽きてきた? それではお見せしよう。家でできることはたくさんある。そしてロシア人は家にいるのに慣れている。おとなしく過ごして楽しもう。

ワシリー・トロピーニン『レースを縫う女』(1823年)
パーヴェル・フェドートフ『貴族の朝食』(1849年-1850年)
コンスタンチン・フラヴィツキー『洪水時のペトロパブロフスク要塞の公女タラカノワ』(1864年)
イリヤ・レーピン『小屋の中』(1878年)
ワレンチン・セローフ『桃を持った少女』(1887年)
フィリップ・マリャーヴィン『E・M・マルトィノワの肖像』(1897年)
イリヤ・レーピン『丸天井の下のレフ・トルストイ』(1891年)
ワレンチン・セローフ『G・L・ギルシュマンの肖像』(1907年)
ジナイーダ・セレブリャコワ『化粧台にて。自画像』(1909年)
コンスタンチン・ソモフ『眠る若い女』(1909年)
ミハイル・ラリオノフ『休む兵士』(1911年)
ボリス・クストジエフ『ロシアのヴィーナス』(1925年)
アレクサンドル・デイネカ『バルコニーで』(1931年)
 テチャナ・ヤブロンシカ『朝』(1954年)
ゲーリー・コルジェフ『霧の朝(灰色の朝)』(2006年)

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる