犬のいるロシア絵画10選

 猟犬に皇室のグレーハウンド犬、陽気な雑種犬、貴婦人の良き友――ロシアの画家は犬を愛した。

1. 『ジナイダ・ユズポワの肖像』(1902年)、ワレンチン・セローフ

2. 『犬のシュムカを連れたイリーナ・クストージエワの肖像』(1907年)、ボリス・クストージエフ

3. 『ツァールスコエ・セロー公園で散歩するエカテリーナ大帝』(1796年)、ウラジーミル・ボロヴィコフスキー

4. 『フョードル・シャリアピンの肖像』(1921年)、ボリス・クストージエフ

5. 『馬に乗った女性』(1832年)、カルル・ブリュローフ

6. 『猟犬と狩をするピョートル2世と皇女エリザベータ・ペトローヴナ』(1900年)、ワレンチン・セローフ

7. 『トロイカ:徒弟が水を運ぶ』(1866年)、ワシリー・ペローフ

8. 『公園で眠る若い女性』(1922年)、コンスタンチン・ソモフ

9. 『港湾の犬』(1928年)(画集『トルコ旅行』より)、ミハイル・ラリオーノフ

10. 『また落第点』(1952年)、フョードル・レシェートニコフ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる