隔離と芸術: 絵画の傑作をパロディにして、フラッシュモブを呼びかけるロシア人

Alexandra Ergazina
 自己隔離体制の中、本当にすることがないと人のイマジネーションというものは、これまでにないほど膨らみ始める。家庭で、世界の傑作を再現しようとするロシア人がますます増えているのだが、これが実に面白い。

ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 

アンディ・ウォーホール 「マリリンのディスパッチ」 

из старых запасов) наряд к редакционной вечеринке

Опубликовано Миленой Орловой Понедельник, 6 апреля 2020 г.

イリヤ・レーピン 「イワン雷帝とその息子」  

ミハイル・ヴルーベリ 「白鳥の王女」 

パーヴェル・フェドートフ 「Fresh Cavalier」 1846

パブロ・ピカソ 「裸婦後ろ姿」 

パブロ・ピカソ 「ゲルニカ」 

サルヴァドール・ダリ 「内乱の予感(茹でた隠元豆のある柔らかい構造)」

サルヴァドール・ダリ 「記憶の固執」 

カジミール・マレーヴィチ 「黒い正方形」 

カジミール・マレーヴィチ 「干し草作り」 

ワシリー・ヴェレシャーギン 「戦争の結末」 

ニコライ・レーリフ 「Remember」

ジョン・ジョージ・ブラウン 「犬を抱く少年」 

ミケランジェロ 「アダムの創造」 

バンクシー 「風船と少女」 

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「白貂を抱く貴婦人」 

サンドロ・ボッティチェリ 「ヴィーナスの誕生」 

フリーダ・カーロ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる