レーニンからプーチンへ:政治がロシアの住宅条件をどのように決定したか(写真集)

Vsevolod Tarasevich/МАММ/МDF/russiainphoto.ru
 他の8人の家族と一緒にバスルームを共有していた時代から、近未来的な高層ビル内のプライベートで広々としたアパートに住むようになるまで、ロシアの人々の生活条件は過去100年間で劇的に変化した。

ウラジミール・レーニン、1917年から1920年代。新しい時代と社会の始まり。

 1917年にウラジミール・レーニンが率いられた共産主義者による革命の直後、急進的な新プロジェクトが登場し、ロシアのライフスタイルの理想は覆った。社会主義、さらに共産主義を達成できるような新しいタイプの有能で勤勉な市民を育てることを目的として、政府は人々の生活に住宅環境をはじめとして大きな変化をもたらした。ソビエト政権は私有財産を国有化し、いわゆる「уплотнение」(住宅圧縮)を開始し、少数のかつての富裕層が持っていた中心部に位置する大きなアパートの部屋を労働者階級に与えた。このプロジェクトは公式に、ソビエト時代の過去の回復力のシンボルであり、しばしば奇妙にも思われるコムナルカという住宅方式の基礎を築いた。

ミハイル・ブルガーコフの小説に基づいたウラジミール・ボルトコによる『犬の心臓』のシーン。

 プレオブラジェンスキー教授が持つ7つの寝室があるアパートメントから、公共のニーズに合わせて2部屋を割り当てし直そうとする住居管理の代表者。

 新しく作られた国に触発された芸術家たちは、平等、機能性、および近代性の時代を反映する革新的なデザインも行っていた。

 1920年代以降、建築家は、工業的でプロレタリアの特徴を備えた建物をモデルとした。その代表格が1928年にモイセイ・ギンズブルグとイグナチィ・ミリニスによって設計されたモスクワのノヴィンスキー大通り25番地にあるナルコムフィンビルなどだ。この巨大な共同生活プロジェクトには個々の家族用のアパートが作られた。ただし、そのほとんどにはキッチンとシャワールームがなかった。建築家は、住民の生活を整理し、構造化して、1階と屋上に公共のためのスペースを作成するなど、共同生活に重点を置いた。例えば、昼食をとるために多くの居住者は階下の大きな食堂に行き、平日は職場のカフェテリアで食事をして、個人のアパートで主に寝ることになっていた。

ナルコムフィンビル、1930年代

ヨシフ・スターリン、1933年-1955年。全体主義の帝国

 ヨシフ・スターリンの支配下で、大規模な住宅プロジェクトはさらに加速し、新しい地区や都市全体さえも作り上げられた。スターリンは、構成主義的建築家によるアヴァンギャルドの実験を拒否し、ソビエト建築の新しい折衷主義で帝国的な様式を確立した。いわゆる「スターリンカ」は通常、主に地元のエリートを収容する広々としたアパートメントを備えた壮大な構造物で、産業化と拡大の進展を示す新しいシンボルであり、人々の生活のあらゆる瞬間に浸透する新しいイデオロギーを統合したものだ。遠くを見渡せ、記念碑的な新古典主義の柱や建物の正面にあるのバルコニーは、おそらく、すべてのソビエト市民にそのようなユートピアの利便性を提供するために、一般の人々をさらに一生懸命働かせることを促すためのものだと考えられていた。

1941年建ての住宅ビル、クトゥーゾフスキ大通り35番地

 ほとんどのプロレタリアは共同アパートや標準化された木造2階建ての建物に住んでいたが、文化的な啓発と技術の進歩が相まって、文化住宅やモスクワ地下鉄などの公共の場所で誰もが帝国的建築の贅沢を体験する機会に恵まれていた。これは、すべてのソビエト市民を育て、教育するものだった。

ヤコブ・チェルニホーフ、建築の幻想、1933年

ニキータ・フルシチョフ、1953年-1964年。共産主義への道の経済的単純さ

 社会主義と共産主義の最も情熱的な支持者だったフルシチョフは、建築における経済的なシンプルさと機能性を提唱し、スターリンのブルジョア好みを放棄した。そのため、コンパクトな「フルシチョフカ」が古い建物に置き換わり、新しい都市景観を形成した。「スターリンカ」と比べて、狭いキッチン、大幅に低い天井と小さな窓を備えたコンクリートまたはレンガ造りの建物である「フルシチョフカ」は、人口過密化していた工業都市に住む庶民の住宅不足問題の解決に大きく貢献した。政府は、建築の真の美しさは、装飾の過剰ではなく、すべての人々が平等な機会と条件を持っていることだと確認すべきと主張した。エレベーターのない5階建てのパネル構造を構築することは、「スターリンカ」と比較して非常に時間効率がよく、安価だった。したがって、この多くの建設がなされた時代に、ソビエト連邦は大規模な住宅建設の記録を作り、何百万ものソビエト連邦の家族にアパートを提供した。

「フルシチョフカ」から成る住宅街

 標準化された大規模住宅プロジェクトはスターリンの統治中に最初に導入され、エレガントで広々とした「スターリンカ」スタイルの建物が1950年代から60年代後半のエリートのためにまだ建設されていたが、フルシチョフの名前は、ほとんどのソビエト崩壊後の町に住む安価な5階建ての建物の象徴となって現在まで残っている。

レオニード・ブレジネフ、1964-1982。記念碑性、安定性、および停滞

エンゲルス通り、アルハンゲリスク市

 「停滞の時代」の間、高層ビルは安定と退屈の具現化したものだった。

 1960〜70年代の比較的平和な時代に、経済はわずかに改善した。そのため、より高い「ブレジネフカ」が支配的になり始めた。スターリン時代に建てられた「使い捨て」の仮設木造建物に住んでいた人々は、最終的に古い住宅から、1930年代後半から待ち望んでいた便利で比較的広々としたアパートに引っ越すことができた。

1970年代から80年代にかけてのプリモルスキー地区(サンクトペテルブルク)の高層ビルに囲まれた郊外をさまようダニラ・バグロフ。アレクセイ・バラバノフの「兄弟」の一シーン。

1980年代から1990年代後半の激動と実験の時代

 ミハイル・ゴルバチョフ(1985年-1991年)およびその後のボリス・エリツィン(1991年-2000年)がトップを務めた間の経済的困難は、世紀末の大規模な住宅建設における大幅な変化には寄与しなかった。しかし、ソビエトの公式イデオロギーの消滅と西洋文化への突然のアクセスの結果として、新しいロシアの「ビジネスマン」のコミッショナーが現れた。突然の政治的自由は、美的または社会的な基準を求めることはなかった。

「家長」住宅

そのため、90年代後半の新しい建物は非常に多様で華美であり、都市の景観に合っていない。過去の標準化された建築から逃れるため、新しいコミッショナーと建築家は、商業ビル、高級ブティックが、「ネオロシア」的、「ヨーロッパ」的、ハイテクや、その他の多くの様式で建設された。アパートの建物の最も珍しい例には、「家長」住宅と卵の家があり、どちらも90年代後半に設計され、モスクワで2002年に完成した。

「卵の家」

ウラジミール・プーチン。現代のロシア。実験は続く。

サンクト・ペテルブルク市にあるパルナス地区の高層住宅街

 ソビエト連邦の崩壊から10年後、ロシア経済は徐々に回復し、ロシアの平均給与も増加したことで、当然新しく快適な住宅に対する需要が高まった。大都市の郊外は毎年外側に拡大し、同じような高層ビルでできた近郊を形成している。現代的なスタイルと色で、よく構成された記念碑的な蟻塚のような新しいブロックは、20世紀初頭のユートピア的な未来派のプロジェクトを思い出させる一方、ソビエト連邦時代の代替品をも思わせ、20世紀のロシアの歴史は完全に循環しているようだ。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる