『アナと雪の女王』を忘れる-ロシアオリジナルの雪の女王に会う

Chris Back, Jennifer Lee/ Walt Disney, 2019; Lev Atamanov/ Soyuzmultfilm, 1957
 『アナと雪の女王』は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの 『雪の女王』のこれまでで最も成功した翻案であるかもしれないが、オリジナルからはほど遠いものだった。その栄誉は、1957年にリリースされたソビエト時代の古典に与えられるべきだ。そして、そこで語られる教訓は、『アナと雪の女王』での教訓とは大きく異なる。

 11月末、ロシアでディズニーの『アナと雪の女王2』がリリースされた。これは、史上最も成功したアニメーション映画の一つの続編だ。

 2013年にリリースされた最初の映画は、完全に文化現象となった。しかし、ロシアで育った人たちには、昔から自分たちの雪の女王があるのだ。これは1957年に公開され、宮崎駿監督のような先見性のある人にインスピレーションを与えた古典作品の『雪の女王』であり、それにとってこの映画は不愉快な敵だ。

 どちらの映画もハンス・クリスチャン・アンデルセンが書いた同名のおとぎ話に影響を受けたが、ソビエト版だけが元のプロットに忠実だった。眠りの妖精からの短い導入の後、2人の子供の主人公、ゲルダとカイの寝室の窓にかかる小さなテラスで演奏が始まる。彼らは夏にバラを植え、冬にはゲルダの祖母が物語を語るのを聞く。

 ここで語られる物語の一つに、北に住み、氷でできた鏡を通して世界を見ている雪の女王の話がある。時折、彼女は街に飛んでやってきて、気づかれずに人々を観察する。ゲルダは窓から雪の女王を見ていると思って怖くなり、カイは彼女が家に来たら、様々な方法で世話をして彼女を笑わせる。彼女をストーブの鍋で溶かしたり、粉々に砕いたりすることも可能だ。

 本物の雪の女王は、いわば、ずっと鏡を通して彼らを見ている。彼女はその表面を砕き、カイを見つけるように命じる。すると、激しい風に吹かれて、鏡の破片が彼の心臓と目を刺す。すぐに、彼は無礼で無神経になり、友人と祖母の両方を侮辱する。当然、ゲルダは悲嘆に暮れてしまう。

 呪いはそこで終わらない。ゲルダが地元の少年たちと一緒に町でそりに出かけた後、カイは美しい青白い女性がそりに乗っているのを見る。それは雪の女王自身であり、彼はまるで夢うつつであるかのように、そりを彼女の後ろにつなげてしまう。彼女は吹雪の中を運転し、彼を宮殿に連れて行った。そしてゲルダに彼を取り戻すために冒険に乗り出すよう促した。

二つの正反対の哲学

 ディズニー版の当初のアイデアは、ソビエト版と同じように、雪の女王の城を見つけるプリンセスの冒険をフィーチャーするというものだった。しかし、作家たちはプロットをいじり、プリンセスと​​女王を姉妹に変え、私たちが知っている『アナと雪の女王』の物語を展開した。残ったのは歴史だ。この映画は、大ヒットになり、変化そして、しばしば自由をもたらす先駆となった。

 このようなことはおとぎ話にとって新しいことではない。元々おとぎ話は喜びや驚きだけでなく、道徳的な枠組みを伝えるものとなっていた。決定的に現代的である『アナと雪の女王』は、自分の自由を見つけ、姉妹の関係を強固なものとし、伝統に従わず、そしてもちろんそれから離れ、ありのままで生きるについて語っている。それは、トラウマや孤独を克服し、愛する人を近くに(そして愛に心を開いて)おく限り、大丈夫だということを信じるに至る単純な物語だ。

 『雪の女王』は正反対だ。ゲルダの無邪気さに伴われる奇妙で不安な要素に満ち溢れている。映画で中心的な緊張を取り除くのではなく、その「ハッピー」エンドは後回しにされる。それに比べて、『アナと雪の女王』のプロットはすべて、映画の終わりまで整然と(革新的であるかどうか関わらず)エンドを迎える。

 両方の映画の中核にある劇的な変化を体験ほしい。『アナと雪の女王』のエルサは一生自分の力を隠そうとしていたが、ショーを止める「Let it Go」を歌う場面で自分の力を受け入れるようになっていく。一方、カイは不機嫌で、いらいらしたり、不思議なことに、幾何学に興味を持つ。

 両映画における少年少女の変化は、思春期の成長に非常に似ている。カイは無愛想になり、物理的な力を探求し、混乱し、彼が経験している変化を正確に理解する方法を知らない。しかし、彼は変化することで彼を救うのではなく、この映画のプロットでは、彼を彼の新しい自己から「救い」、彼を無邪気な状態に戻すことを中心に物語が展開する。他の点では一般的であるこの少年の一連の変化が、魔法の呪いのように扱われるという事実は、男性のエネルギーに対する現代の不安について多くを語っている。

 これを「Let it Go」と比較してみよう。自分自身と自分の力を受け入れるという明確な指示が見える。繰り返すが、魔法は性的成熟のメタファーのようだ。なぜなら、エルサが自分を受け入れるとすぐに、彼女は彼女の体が女性のものだと気づき、力を与えられた女性を示唆する新しい外見を身に付けるからだ。エルサと妹のアナの旅ではいつも、彼女たちが見つけたものを恐れることなく、新しい経験が見つけられるようになっている。

 ゲルダの旅はもっと違うものかもしれない。それは、彼女がコントロールできない、または時には抵抗できない危険な世界を呼び起こす。カイの突然の変化(および失踪)は彼女の人生を不安定にし、彼女の冒険の目的は彼を元の状態に戻すことだ。そして彼女の最大の道具は彼女の無邪気さだ。それは彼女の途中で出会う巫女のようなフィンランド人の女性によっても確かめられる。

 この無邪気さは、病的なものから完全に不穏なものまでのサポートキャラクターのセットによって、常に対照的です。彼女は注意を切望している孤独な魔術師に出会い、ゲルダを魔法でカイを忘れさせようとします。後に、ゲルダは2人のカラスによって城に導かれます。彼女は、母親と不穏に暴力的な関係にある強盗少女と友達になります。

 そして、この物語は雪の女王自身を説明せずに終わる。

アメリカ版の『アナと雪の女王』はロシアには存在しなかっただろう

 雪の女王はカイを雲の中に連れ去るとき、こう伝える。「今から私たちは不思議な王国に飛び立ちます。そこに着くと、すべてが忘れられます。あなたの心は氷に変わるでしょう。あなたは喜びも悲しみも知らず、穏やかで寒いだけです。それは幸せなことです」。

 これは漫画に出てくるような悪役の陰謀ではない。愛よりも護ることが優先されることを長年認識しており、自分の生存を常に交渉しなければならないという、力強い女性の控えめな宣言なのだ。一言で言えば、彼女の存在は青年期を描写している。

 また、宮殿でのシーンを見てみよう。女王に合わせるかのように、すべてが冷たく、広々としていて、直線的で、信じられないほど明るい。カイは氷の断片をずっと見ては、その正確さを賞賛し、その角度が花よりも興味深いと話す。 「あなたは正しい、カイ」と女王は言い、人々を友好的な世界で力と距離を維持できるような考え方へと導く。

 これは、『アナと雪の女王』と『雪の女王』の本質的な違いを物語るものだ。一つの質問に要約することができるだろう。世界はあなたを助けるのか、それとも傷つけるのか?

 雪の女王自身にとって、後者が真実だ。彼女がいる世界を放っておけば、攻撃を受け続けることになる。推奨される守る方法には二つある。先を見越しての隔離、またはおとぎ話にしか存在しない可能性のある無邪気さの培養だ。そして、これはおとぎ話なので、ゲルダと雪の女王が顔を合わせると、勝つのは無邪気さなのだ。

 しかし、正確な理由は決してわからない。ゲルダが雪の女王に立ち向かい、彼女の友人を連れ戻すというと、ただ消えてしまう前に女王は、あまりにも多くを知っていることによる疲労感でにやにやと笑う。カイは子供の頃の自由に戻ることができ、家に帰ると、ゲルダが途中で出会ったキャラクターたちに迎えられる。彼らは皆同じ​​言葉を叫ぶ。「幸せになりましょう!」と。

 ゲルダの無邪気さがカイの回復には十分であったかもしれないが、それが彼らの周りの世界を変えることはない。雪の女王が保護のために氷の城を建設するようになった状況は変わらない。世界は同じままであり、その圧力はいつかゲルダ自身にとっても大きくなりすぎることがあるかもしれない。

 そして、これが、ソビエト版の映画が『アナと雪の女王』では不可能な方法で語られている理由かもしれない。それは、戦争、封鎖、飢餓がまだ生きた記憶の中にあった時代に作られた。これを生み出した国は、実存的な生存のためのライバルの力との闘いに閉じ込められていた。それは、すぐには終わらないように見えた紛争に閉じ込められた日常の人々の不安を反映している。

 『アナと雪の女王』は、そのような懸念に脅かされない文化で作られた。これは、自由が高い費用なしでやって来て、そして少女たちが、自分が誰であるかを表現することによって失うものがほとんどない世界で語られる。これは驚くべきことだ。これは、ある特定の文化がどこまで来たかを示している。これは常に達成された成果だ。

 しかし、まだそこにいない文化がたくさんある。そして彼らのために、エルサにはできない方法で彼らの状況について語る別の雪の女王がいるのだ。ソビエト版の雪の女王は、あなたが常に頼れる人を持っているとは限らないことを認めている。その愛は必ずしも手に入れやすく、また実用的ではないかもしれない。しかし、それでも、彼女は微笑む。そして常になにか生き残る方法はあるのだ。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる