新年を描いた(英語の字幕入りの)ロシアのかわいいアニメ5選

Russian animation/youtube.com
 ソファに横になりこれらのアニメをYouTubeで見れば、どんな悩みも吹き飛んでしまう。

1.プロストクワシノ村の冬

 ロシアの有名なアニメの中の冬のエピソード。フョードルはペットたちと一緒に郊外で新年を祝うことにする。そしてフョードルの両親はパーティに間に合うように息子の元へと必死に急ぐ。

2.ジェド・モロースと夏

 個人的に大好きなアニメで、交錯したストーリーの物語。ジェド・モロース(酷寒じいさん)は夏というものが存在することを知る。以前はそのような季節を見たことがなかった。そこで彼は夏を経験する旅に出ることにするが、その暑さに死にそうになる。そんな彼を救えるのは子どもたちだけなのだが・・・。

3.ヌー・パガジー!(オオカミとウサギ) エピソード8 新年

 もうひとつの時代を超えた古典アニメである「ヌー・パガジー」(「今に見ていろ!」)シリーズは、ロシアの「トムとジェリー」と言われている作品。字幕はないが、セリフはない。ただ楽しめるアニメである。

4.新年のおとぎ話

 森の奥深くに森を守るおかしなモンスターが住んでいる。しかし小さな子どもたちが自分の土地にクリスマスツリー用の木を切りにくると、すべてが変わり・・・。

5.森は生きている

 そしてこちらはより重みのある一作。森は生きている(原題、一二月)は児童文学作家のサムイル・マルシャークが書いたソ連のおとぎ話。いくつかのヨーロッパのおとぎ話をヒントにしたもので、その中では、冒険、変容、魔法の動物、悪に対する善の勝利、そしてもちろん愛が語られている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる