ロシア芸術のなかの15匹の猫たち

私蔵
 ロシアの芸術家たちは猫を愛していた。19世紀のフェドトフやマコフスキーから、ロシア・アバンギャルド芸術のラリオーノフやセレブリャコワまで。

1. ボリス・クストーディエフ「商人の妻」

2. ウラジーミル・マコフスキー「モーニングティー」

3.「家での会話」

4. コンスタンチン・マコフスキー「ロシアの美女と猫」

5. イワン・クラムスコイ 「少女と猫」

6. フィリップ・ブードキン「鏡の前の少女」

7. ヴャチェスラフ・シュワルツ「チェス遊び」

8. パーヴェル・フェドートフ「少佐の仲人」

9.「役人と従卒」

 10. ニコライ・ボダレフスキー「ペット」

11. イワン・ゴロホフ「農民の小屋で」

12. エカテリーナ・カチュール「サモワールの側で」 

13. ミハイル・ラリオーノフ「カツァープのビーナス」

14. ボリス・グリゴリエフ「女性と猫」

15. ジナイーダ・セレブリャコワ「ナターシャ・ランセレの肖像画と猫」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる