ロシア美術傑作史:ワレンチン・セローフ作『桃を持った少女』(1887年)

 陽光に満ちて気分を明るくさせるこの絵だが、裏には何か不吉なものが潜んでいる。

『桃を持った少女』(1887年)

 この絵に描かれている少女はヴェーラ・マモントワだ。彼女は父親の別荘の食堂に座り、いくつかの桃を持っている。一見普通の光景だが、桃にはやや特別な事情がある。この桃はモスクワ州のアブラムツェヴォ村で育ったものだ。アブラムツェヴォは1870年に古儀式派の家庭の出身である裕福な商人、実業家のサーヴァ・マモントフが購入して以来、芸術村となった。彼は芸術の庇護者だった。彼は多くの芸術家をアブラムツェヴォに招き、散策して自然を楽しみながら創作に励むよう促した。ある朝、サヴァと家族ぐるみの友人で、すでに世に名を知られていた22歳のワレンチン・セローフは、サーヴァの娘である11歳のヴェーラが桃を取るために食堂に駆け込むのを見た。これを絵にしようと考えたセローフにより、哀れなヴェーラは一ヶ月間ポーズを取らされた。

 「私が求めていたものは鮮度、常に実物の中に感じることができ、絵の中にはない鮮度だった。私はひと月以上描き続け、哀れな彼女を死ぬほど苦しめた。完璧なまでに絵の鮮度を保ちたかったのだ。かつての巨匠らのように」とセローフは記している。

『少女と楓の枝』、1896年

 1896年、マモントフの娘は再び絵画のモデルとなる。ヴィクトル・ヴァスネツォフ作『少女と楓の枝』は、『桃を持った少女』ほどの知名度は有していない。ヴェーラは、裕福で影響力のある公務員、敬虔な正教徒であったアレクサンドル・サマリンと結婚した。彼女は1907年に32歳の若さで肺炎のため亡くなり、アブラムツェヴォに埋葬された。ヴェーラとアレクサンドルの息子、文献学者のユーリー・サマリン(1904-1965)はソビエト秘密警察の密告者となり、1930年代には彼の情報を基に多くの芸術家が投獄、処刑された。

ヴェーラ・マモントワ。1888年の写真。

 作中で窓辺に描かれているおもちゃの擲弾兵は、今日まで動かされることなく同じ場所に鎮座している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる