インスタグラムでフォローすべき5人のロシアの美しい女優

エカテリーナ・チェスノコワ撮影/Sputnik
 スクリーン以外での自分を作り出し、定着したイメージを払拭し、あるいは逆にその独特のイメージを果てしないインスピレーションの源にする。そんなスターたちのインスタグラムを紹介しよう。

1.スヴェトラーナ・ウスチノワ

 ウスチノワが映画の世界に入ったのは偶然のこと。2005年、モスクワの財政アカデミーで学んでいた頃、地下鉄で、ロシアのヒップホップグループのクリップに出演しないかと誘いを受けた。その後、ロシアの有名なラッパー、デツルのクリップに出演し、そこから映画デビューを果たした。

 現在、ウスチノワは36歳。女優として活躍する一方、プロデューサーとしても、舞台女優としても活躍する(カンヌ映画祭でフランソワ・シャレ賞を受賞したキリル・セレブレニコフ監督の「The Student」では共同プロデューサーを務めた)。インスタグラムでは、ファッション雑誌のためのフォトセッションの画像、撮影のバックステージや旅行の様子を収めた画像が投稿されている。

 モスクワから北におよそ1,300キロ離れた小さな町セヴェロドヴィンスクで生まれたウスチノワは、「田舎の小さな町の女の子が自分の力で成功を勝ち取ったという一つのサクセスモデルになっているという手紙をよくもらうの」と打ち明けている

 またウスチノワはジヴァムクティヨガとメディテーションのない人生は考えられないという。これまでベジタリアン生活を試したが、その考えを改め、いまは、「最高のダイエットは自分の体に耳を傾けることだ」と話す。 

2.アンナ・チポフスカヤ 

 女優アンナ・チポフスカヤのインスタグラムもまるでファッション雑誌のようだ。アンナ・チポフスカヤは、スヴェトラーナ・ウスチノワと共に犯罪コメディ「ブロックバスター」に出演している。

 その前にチポフスカヤはソ連のニキータ・フルシチョフ時代を描いたテレビドラマ「雪解け」に出演し、全ロシア的な人気を誇っていた。

 映画と舞台以外でも、現在31歳のアンナは歌唱力があり、モスクワのクラブに通うのが好きで、また休暇とはどのようなものかをよく知っている。「わたしは完璧な快楽主義者。仕事もたくさんして、読書もして、映画も観て。遊びだって思い切りしていいはずよ」と話す。

 しかし彼女のインスタグラムを見ていてもボヘミアンな生活ぶりはあまり感じられない。どちらかというと、リラックスした姿や誰もが生活の中で体験しているような一瞬の喜びを捉えた自然な表情の写真が多い。

3.イリーナ・ゴルバチョワ 

 30歳のゴルバチョワはボリス・フレブニコフ監督の映画「不整脈」に出演して以来、ロシア映画界を代表する女優となった。それまでインスタグラムのユーザーの間では、面白おかしい動画を投稿することで人気があった。

 ゴルバチョワは「長い付けまつ毛をつけ、ボトックスで唇を厚ぼったくしたおしゃれな女性」という固定のイメージを永久に持ち続けるつもりだが、インスタグラムではすっぴんの姿を投稿し、新たなイメージにも挑戦している。

 2016年にゴルバチョワは雑誌GQロシアが決める「今年の女性」に選ばれ、2018年にはロシアの映画賞「黄金の鷲」賞と「ニカ」賞で最優秀女優賞を受賞し、素晴らしい喜劇は信じられないほど悲劇的であるという定義を証明した。「わたしがやっているのはまさに道化師のようなこと。道化師というのは常に悲喜劇的なアーティストです」とゴルバチョワは雑誌GQに対し語っている

4.スヴェトラーナ・ホドチェンコワ  

 36歳のホドチェンコワは、映画デビューから16年にわたり、60を超える役を演じてきた。最初はロシアの観客を魅了し、その後はハリウッドの監督たちにも注目されるようになった。

 中でも印象深い役柄の一つとなったのが、ヒュー・ジャックマン主演の「X-men」でのヴァイパー役。おそらく、彼女は今、外国の映画監督の間でもっとも需要の高い女優で、現在はイタリア映画、イギリス映画、露米合作映画などの撮影を行っている。

 ホドチェンコワは、映画や舞台で次々に変える自身のイメージをインスタグラムにアップしている。その実にさまざまな変貌ぶりを見るのはとても興味深い。しかし、私生活ではボヘミアン的な生活を好まず、友情を大事にし、しっかり睡眠を取り、友人たちと自然を楽しんだり、バドミントンをしたりするのが好きとのこと。見せびらかしやスターの格好をつけるための演出はない、きわめて自然体のインスタグラムである。

5.レナータ・リトヴィノワ 

 ロシア映画界のプリマドンナ、52歳のレナータ・リトヴィノワは女性らしさと優美の象徴であり続けているが、そのことはインスタグラムにもはっきりと表されている。彼女はいつでも古い白黒映画から飛び出してきたかのように美しい。

 リトヴィノワは「わたしは世界からイメージで身を守ることができる。わたしにはそれが必要で、本物を見せてしまうと自分自身が壊れてしまうような気がする」と話している

 しかし彼女が演じた役柄は少なくない。これまでの彼女の演じた役柄が人気となり、いくつかのブランドの顔にも選ばれている。2018年にはクリスチャン・ディオールとの間で、フレグランスの製造に関する契約を結んだ。 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる