ゲルギエフが札幌でコンサート:マリインスキー祭のオープニングとして

ワレリー・ゲルギエフ

ワレリー・ゲルギエフ

ミハイル・クレメンチエフ撮影/Sputnik

 729日、国際極東祭「マリインスキー」の日本の部が始まった。そのオープニング・コンサートでは、マリインスキー劇場芸術監督のワレリー・ゲルギエフが、札幌コンサートホール Kitara PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)オーケストラを指揮した。

 コンサートの昼の部では、ハイドンの交響曲第50番、レナード・バーンスタインの『キャンディード』、ベッリーニの歌劇「ノルマ」とヴェルディの歌劇「イル・トルヴァトーレ」のアリア、その他。夜の部では、バーンスタインの「ハリル」とマーラーの交響曲 7番などが演奏された。

 マリインスキー祭の日本の部は、広島(731日)、東京(81日)で続けられる。

露日交流年の一環として

 日本以外では、セルゲイ・プロコフィエフの歌劇「戦争と平和」を、ゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管弦楽団の演奏と、映画監督アンドレイ・コンチャロフスキー演出で、中国で上演。

 第3回国際極東祭「マリインスキー」はウラジオストクで、724日~88日に行われる。この音楽祭は2016年以来毎年開催されている。

 730日には、マリインスキー劇場の極東分館に、日本出身の2人の音楽家が出演する。ヴァイオリニスト、三浦文彰が、マリインスキー劇場管弦楽団と共演する。指揮台に立つのは、シズオ・Z・クワハラ。その夜のプログラムは、メンデルスゾーンとリムスキー=コルサコフの作品など。コンサートは、露日交流年の一環として行われる。

シズオ・Z・クワハラさん

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる