ポスターで見るボリショイ劇場の歴史

2017年7月13日 ロシアNOW
 「ボリショイ劇場の歴史発見」クラウドソーシング(群衆業務委託)プロジェクトにより、このたび、ボリショイ劇場の文書保管庫から、珍しいポスター4万8000枚と写真10万枚がオンライン上で公開された。

 ボリショイ劇場はソフトウェア会社「アッビ(ABBYY)」と協力しながら、たくさんのボランティアを募り、コレクションのデジタル化を図った。コレクションのデジタル化作業には、まだまだボランティアが必要である。

 「ボリショイ劇場には240年の歴史があり、これらのポスターから、アトラントフ、ヴィシネフスカヤ、シャリャピン、ネジダノワ、ネステレンコ、ウラノワ、プリセツカヤ、ワシーリエフ、エカテリーナ・マクシモワなどの偉大な人々が私たちを見つめている」と、ボリショイ劇場のウラジーミル・ウリン総支配人は話す。

 ボリショイ劇場のバレエの1967年、1969年、1973年のドイツ公演、1984年のイタリア公演、1995年のフランス公演、またバレエとオペラの日本、中東、スペイン、アメリカの公演などのポスターを、ロシアNOWが選んだ。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY

 ボリショイ劇場は1959年(冷戦中)、アメリカで初めて公演を行った。ポスターにも歴史的なイベントと書かれている。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY その後アメリカでは10年以上公演がなかったが、1975年に再び行われた。220人の団員からなるバレエ団は、1975年6月10~15日にテキサス州ヒューストンのジョーンズ・ホールで踊った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY ソ連音楽フェスティバルが1988年(ペレストロイカ導入後)、ソ連・アメリカ文化交流プログラムの一環として、マサチューセッツ州ボストンで行われた。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY ボリショイ・バレエは1966年11月29日、キューバで公演を行った。主催したのは全キューバ文化・芸術評議会。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY ボリショイ・バレエはフランス・パリのパレ・デ・スポールとガルニエ宮のステージで公演した。「白鳥の湖」、「ジゼル」、「レ・シルフィード」、「ドン・キホーテ」、「シンデレラ」、「ライモンダ」の全体および伝説的な抜粋を組み合わせた、5つの演目を披露した。1日に数回の公演を行う日もあった。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY 1984年7月7~8日、ボリショイ・バレエはイタリア・シラクサの史跡ヒエロンの祭壇跡で公演した。主演は伝説的なダンサー、ウラジーミル・ワシーリエフとエカテリーナ・マクシモワ。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY この年、ボリショイ劇場は日本公演60周年を迎えた。石川県金沢市で行われた「ドン・キホーテ」と「白鳥の湖」の公演のポスター。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY 愛知県名古屋市で、マイヤ(マヤ)・プリセツカヤなどのトップ・ダンサーが、ジョルジュ・ビゼー/ロディオン・シチェドリン作曲の「カルメン組曲」、アレクサンドル・グラズノフ、アナトリー・リャードフ、ドミトリー・ショスタコーヴィチの曲による「バレリーナへの道」を披露した。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY

 鹿児島市で90人の一流ダンサーがアドルフ・アダンの「ジゼル」の公演を行った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY 新潟市で、マイヤ(マヤ)・プリセツカヤなどのトップ・ダンサーが、ジョルジュ・ビゼー/ロディオン・シチェドリン作曲の「カルメン組曲」、アレクサンドル・グラズノフ、アナトリー・リャードフ、ドミトリー・ショスタコーヴィチの曲による「バレリーナへの道」を再び踊った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY ボリショイ劇場は西ドイツ・ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場で1967年5~6月のバレエ週に、「白鳥の湖」、「ドン・キホーテ」、ガラ・イベントの公演を行った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY ボリショイ劇場は東ドイツのベルリン国立歌劇場で1969年9月、「ボリス・ゴドゥノフ」、「無名戦士」、「エフゲニー・オネーギン」の3つのオペラの公演を行った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY 西ドイツ・ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場で1973年、ボリショイ・バレエが初めて「アンナ・カレーニナ」の公演を行った。

ボリショイ劇場、ABBYYボリショイ劇場、ABBYY アラブ諸国で、ボリショイ・バレエの公演が1971年に行われた。

もっと読む:博物館としてのボリショイ劇場>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!