ロシアアニメ、東京アニメアワードフェスティヴァルに出品

スタジオ「ペテルブルク」
 3月に開催される国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティヴァル」(TAAF2018)のコンペティション部門にロシアの長編アニメ「キコリキ:デジャヴュ」(ロシア原題「スメシャーリキ:デジャヴュ」)がノミネートされた。ロシア通信が「スメシャーリキ」の国際普及を事業とする「リキ」社のディアナ・ユリノワ副社長からの話として伝えた。

 「これはスメシャーリキの長編映画の3作目となるものです。最初の2作品も多数のコンクールに参加し、賞を授与されています。一方、「キコリキ:デジャヴュ」は完全な新作です。ロシア国内でも4月26日に封切られるもので、フェスティヴァルが初公開となります。わたしたちの作品が日本で上映されるのは初めてで、日本の市場での上映は非常に難しいものだと理解しています。というのも日本には独自のアニメがあり、競争がとても厳しいからです。作品が配給会社の目に止まり、日本で上映されることを切望しています」。ユリノワさんはこのように述べた。

 ロシアで人気のアニメ「スメシャーリキ」の長編第3弾は、時間旅行を企てた主人公たちが、タイムトラベルトーチの使い方を間違えたため、過去の世界に散らばった仲間たちがお互いを探し出さなくてはならなくなるというストーリー。

 

*ところで、国外でも知られるロシアの近代アニメは「スメシャーリキ」だけではない。ヨーロッパやアメリカ、インドネシアで人気を得ているアニメ「マーシャとクマ」についてはこちらでどうぞ

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: