新型戦車の第1陣が今年お目見え

開発設計プロジェクト「アルマタ」の枠内で作られる新型装甲車両が、今年発表される。これについて、ロシア国防省地上部隊報道局スポークスマンのニコライ・ドニュシキン中佐は、次のように伝えた―

「今年9月にニジニタギルで開かれる武器見本市の開発設計プロジェクト『アルマタ』の枠内で、統一ベースの新型車両が展示される。将来、この車両は、重戦車旅団に配属されるだろう。

このプラットホームを基盤に、戦車や重歩兵戦闘車、修理・撤退用装甲車などが準備されるほか、大砲や対空防衛兵器が取りつけられたり、核兵器や化学・生物学兵器に対応できる特殊車両や工兵用車両が作られる計画もある。」

 

(「ロシアの声」より転載)