低コスト論の終わり

ニヤズ・カリム

ニヤズ・カリム

国際エネルギー機関(A)によると、世界のエネルギーの需要は2035年までに33%以上増加する見込みである。

イツが2020年までに原廃止するため、2030年には欧州の電力コストは米国より5倍高くなる同機関は見ている。世界最大規模石油ウジアラビアは、近い将来に二つの原建設する。

露中協力で中国原発稼働

ロスアトム(ロシア国営原子力企業)が主要株主となっている「アトムストロイエクスポルト」が露中協力に積極的だ。2011年9月には、中国江蘇省の田湾原子力発電所の2基の発電炉の運転開始に貢献した。同原発は露中経済協力の最大プロジェクト。原子炉建屋の下に溶融ゾーンの維持・冷却用の「キャッチャー」が設置された。万一事故が発生しても、溶融した物質は「キャッチャー」に収まり、原子炉建屋を破壊することがないという。露中協力の下で、全部で8基の発電炉が建造される見通しだ

これらの事実は、エネルギーの将来と、将来のエネルギー選択に関する新たな疑問提起する

陽光などの再生可能エネルギー、などの化石エネルギーシェールス、原子力、またはそれ以外の方法があるのか大幅な需要の増加に直面した需要見合うエネルギーの配合を考えるだけではなく、環境問題(汚染、2排出量と地球温暖化)と安全性を考慮した解決方法を探さなければいけない。

原子力産業の将来を検討してみよう実際、福島発事故は、原子力産業目を集め、潜在的なリスクに目を向けさせた。

しかし、福島で何が起こったかの否定的な観点からの分析によると、原技術的な問題ではなく、命令連鎖の中でエラーが発生し、人的ミスに加え、津波リスクの過小評価が今回の結果につなったということを強調すきである。

しかし、れらの結論は伴うリスクを甘く見ることを正当化しない。

実際、どこで起ころうと、原事故は、世界中の原子力業界に影響を及ぼす。

子力エネルギーO2を排出しないので環境に優しいという論理は、現在では原子力開発を正当化するに分でない。

のため福島の事故後ヨーロッパとロシアを中心とするすべての核保有国が、原ストレスストを行い、特にロシアでは、テロ事態を想定したテストも行た。

テストの結果は公開され、セキュリティー・ルールを完了するために全ての原子力事業者数百万を投資しなければならなかった。

一つ確かなことは、福島原発で起きた事故コスト原子力エネルギーの終結を意味するということだ

福島の事故は稼働させている全てにとって、安全性とセキュリティシーを強化するきっかけとなったれでもおそらく不十分であろう。

世界共通の原子力安全基準及びそれを管理する団体が必要である。それゆえ、えばフランスが欧州規模で推進しようとしているものでは分でない。 

エネルギーは「旧世界」に限定されない課題であり、内部成長をしようとしている全て国々が直面問題である。

伝統的な化石エネルギーの生産者が原子力や再生可能エネルギーなどの新エネルギー資源に関わることは、さまざま種類のエネルギー資源がお互いにい合うのであることを示しているのである。

エマヌエール・
グット、エネルギー・アナリスト