トヨタ自動車 シベリアの大学に教育センター開設

ロシア・クラスノヤルスクにあるシベリア連邦大学は、日本のトヨタ自動車と、クラスヤルスクにトヨタ自動車の教育センターを設立することで合意した。同センターでは、学生たちが日本の生産マネージメントの基本を学ぶことができる。シベリア連邦大学が伝えた。クラスノヤルスクの代表団が、日本を訪問した際に合意したという。

大学側が伝えたところによると、教育センターの開設式は、クラスヤルスク経済フォーラムが開かれる2013年2月に、シベリア連邦大学で予定されている。

大学には、2月までに扇風機の組み立てライン用のコンベアが設備された、新たな教室が設置される計画。

教育センターでは、トヨタ自動車の生産システムが模範とされる。日本のマネージメントは、シベリア連邦大学の学生だけでなく、クラスノヤルスク地方の中小ビジネスの指導者たちも学ぶことができる。

(「ロシアの声」より転載)