ナポレオンのクレムリン爆破秘密書簡 15万ユーロで落札

クレムリン爆破計画を記したナポレオン1世の暗号書簡が、日曜日フランスのフォンテンブローで行われた「Osenat」のオークションに出品され、15万ユーロで落札された。

 この書簡は、ナポレオンが時の外務大臣ユグ-ベルナル・マレに宛てた1812年10月20日付のもので「汝は、22日朝3時にクレムリンを爆破する」と記され、手書きで"Nap"の署名が入っている。

   なお、この計画の執行は、ナポレオン軍がモスクワを占領後、モスクワ総督に任命されたエドゥアル・モルティエ元帥に委任された。ナポレオンは、モスクワを後にする際、クレムリンの歴史的建物の数々の爆破を命じた。これにより、アルセナリナヤとヴォドヴズヴォドナヤの二つの塔が破壊され、ニコリスカヤ塔も部分的に被害を受けたほか、それらの塔に近いクレムリンの壁や兵器庫、グラナヴィタヤ宮殿などが大破した。

(「ロシアの声」より転載)