モスクワから 一昼夜のうちに40万立方メートルが除雪

モスクワ市当局は最近数日間で市内から40万立方メートルの雪を処理場に搬出したという。リアノーボスチ通信がモスクワ市住宅公共サービス局のイーゴリ・ペルガメンシク報道官の話として伝えた。

報道官は、「降雪が始まってから雪処理場には113万立方メートルの雪が搬出された。最近数日では40万立方メートルが除雪された。」と語っている。

市内では合わせて1万3300台の処理車が稼動しており、そのうち約5000台がダンプカーだという。

報道官が指摘するように、水道・電気・ガスは24時間体制で供給されている。

(「ロシアの声」より転載)