星出氏ら宇宙飛行士3人を乗せた「ソユーズ」 地球に無事帰還

国際宇宙ステーションから3人の宇宙飛行士を乗せて地球に降下した「ソユーズTMA-05M」が今日、モスクワ時間で朝5時53分、カザフスタンのステップ地帯に無事着陸した。宇宙飛行管制センターが伝えた。

地球に帰還したのは、ロシアのユーリイ・マレンチェンコ、米国のスニタ・ウィリアムス、日本の星出彰彦の3飛行士。彼らは、地球周回軌道上で、126昼夜以上作業した。

捜索救助グループの専門家達は、地球に帰還した3飛行士を降下装置から出す作業を始めた。飛行管制センターの発表では「飛行士達の状態は満足のいくものだ」。

(「ロシアの声」より転載)