日露の領土交渉再開またも頓挫か

メドベージェフ首相は今月3日、極東連邦管区の視察の一環として、南千島諸島を訪問した。=タス通信撮影

メドベージェフ首相は今月3日、極東連邦管区の視察の一環として、南千島諸島を訪問した。=タス通信撮影

今年3月の大統領選の最中、プーチン首相(当時)が日本のマスコミを含む外国人記者向けに会見を行った際、日本との領土問題に関する交渉を再開する用意があることを明らかにした。「大統領に再任したら、日露両国の外務省をテーブルにつかせ、『始め』の号令をかけたい」と柔道になぞらえて、日本で大きく注目された。だが、早くも「始め」にいたる前にお決まりの暗雲がたれこめてきた。

4月末に民主党幹部の前原誠司氏が非公式にロシアを訪れ、6月にはセルゲイ・ナルイシキン下院議長が日本を訪問し、野田佳彦首相や玄葉光一郎外務大臣と会談した。実務者レベルの交流はにわかに活発になり、ロスカボスで開催されたG20(主要20カ国・地域首脳会議)では、日ロ首脳会談が個別に実施され、今後も密に連絡を取り合っていくことや、今年9月のロシア・ウラジオストクAPEC(アジア太平洋経済協力)サミットで会談を行うことで合意した。

国内での点数稼ぎに便利

ユーリー・ウシャコフ大統領補佐官は、首脳会談の結果を報告した際、「今後の交渉は、とかく気短になりがちな公的発言で損なわないように、落ち着いて、建設的に進めなければならない」と述べた。

領土問題は極めてセンシティブな問題だ。景気のいい発言をして国内で点数を稼ぐのは簡単だし、これまでもそうであったように、それで交渉を頓挫させるのはもっと簡単だ。両国はこの点をよく理解している。

一転して非難の応酬へ

ところが、この「落ち着いた」状況は、わずか1週間しかもたなかった。

6月24日、藤村修内閣官房長官が記者団に対し、メドベージェフ首相が“島”を訪れる可能性があると、サハリンのマスコミが報道したことについて、「日本の立場と相容れない」とけん制した。

ロシア外務省はすぐさま「南千島諸島はロシアの不可分の領土だ。ロシアの指導者が自国の領土を訪問する計画に、外国が口を挟むのは不適切だ」と応酬した。

メドベージェフ首相は今月3日、極東連邦管区の視察の一環として、南千島諸島を訪問した。玄葉外務大臣は直ちに「メドベージェフ首相が国後島を訪問したことは、日ロ関係に水を差すものだ」と述べ、日本外務省は公式に抗議した。玄葉氏は今月末にロシアを訪問する予定だが、この状況では実現が危ぶまれる。

島はさておき

とはいえ、客観的に見て、日本もロシアも、より近い関係となることに関心を抱いている。エネルギー問題も北東アジア安全保障問題も、両国の緊密な協力を必要とする。北朝鮮核問題一つをとってもそうだ。

野田首相とプーチン大統領には、9月のウラジオストクAPECで話し合うべきことがらがある。

セルゲイ・ラブロフ外相の発言をみれば、露政府が今回の問題を長引かせるつもりがないことは明らかだ。

「きっかけの有無にかかわらず毎回くり返される論争はさておき、首脳レベルで合意した、『二国間関係および国際関係のあらゆる分野における協力の発展』を実現していくことで、平和条約の締結に向けて前進しなければならない」と、ラブロフ外相は7月3日にモスクワでの記者会見で述べた。