東日本大震災より一年

写真提供:在モスクワ日本国大使館

写真提供:在モスクワ日本国大使館

東日本を襲った未曾有の大震災から丁度一年目の3月11日、モスクワで追悼式典が開催された。

311日午前11時、日本大使館の中央玄関付近の外壁に、ロシアの復興支援に対する感謝の印として、高さ4メートルの生け花が飾られた。生け花の上には、「2012年日露の心の架け橋」と書かれ、その文字の周りは、長持ちするように特殊加工された細かい紫色の花が飾られた。

生け花の式典は、約15000人の犠牲者及び約3000人の行方不明者に捧げる黙とうで幕を閉じた。

また19時からは、チャイコフスキー記念モスクワ音楽院で学ぶ日本人留学生のグループが、童謡や伝統的な日本のメロディー、現代音楽などの日本人作曲家の作品や、日本の音楽や短歌、俳句などに着想を得たロシアの作曲家の作品を上演した。

写真提供:在モスクワ日本国大使館

写真提供:在モスクワ日本国大使館

資料:www.izvestia.ru"www.izvestia.ru  , 在モスクワ日本国大使館公式サイト