「ヨーロッパ唯一の仏教国」をご存じですか?

前月にカルムイク共和国のエリスタの首都で、第一の「仏陀へ光の贈り物」という仏教の儀式が行われた=Getty Images/Fotobank撮影

前月にカルムイク共和国のエリスタの首都で、第一の「仏陀へ光の贈り物」という仏教の儀式が行われた=Getty Images/Fotobank撮影

 カルムイク共和国では、人口の3分の1がスターリン時代の大粛清に強制的移住されてしまった。現代の状態を苦労して進みながら、国民はその伝統的な文化に戻る

受難と貧困に耐える心の支え

 2千人以上の仏教徒が黄金の仏像の前で跪き、マントラを唱えている。カルムイク共和国の首都エリスタに1996年に開かれたチベット仏教寺院シャキュスン・シュメ。

 夜になると数千の灯明が点され、僧侶たちが信徒を祝福した後、灯明をとりつけた熱気球が宙に放たれ、暗い夜空を明々と照らし出した。

 このような熱気球祭りがロシアに紹介されたのはこれが初めてのことで、9月に当地で開かれた国際フォーラム「仏教・非暴力と慈悲の哲学」の開会の儀式として行われた。

 ロシア全土からの信徒に加え、チベット亡命政府の拠点から僧 
30 人、タイ、米国、そしてロシアのトゥバ、ブリヤート両共和国からも僧が来訪、カルムイクの仏教復活を祝福した。

 

カルムイク共和国の首都エリスタにある仏教寺院を訪れたチベット人僧侶たち。勤行の合間のひと時に談笑する = アンナ・ネムツォワ撮影

カルムイク共和国の首都エリスタにある仏教寺院を訪れたチベット人僧侶たち。勤行の合間のひと時に談笑する = アンナ・ネムツォワ撮影

最貧度第2位
 

数字あれこれ

1741年

ロシア帝国内に仏教徒が存在していることが公式に認められた。

140万人

現在のロシア連邦における仏教徒の総数。

1979年

この年、ダライ・ラマが初めてロシアを訪問した。

 「私たちはもっとひどい目に遭ってきましたから」とエブドキア・クツァエワさん( 84)はため息をつく。「1943年 12 月の厳寒のさなか、スターリンに民族ま るごと汚い貨車に詰め込まれて、シベリアへ強制移住させられたのです。

 何千、何万という人が途中で亡くなりました。大量の死体がプラットホームに横たわっていたのを覚えています」と回想する彼女の目には涙が浮かぶ。

 対独協力を理由にチェチェン人と共に科された残酷な措置は、1957年のスターリン批判まで続いた。

 

 
「精神的支援だけ」では…
 
 エブドキアさんにとって心の支えは仏教だった。困難には忍耐と慈愛の心で向かい合えとの教えである。

 ゴルバチョフ時代の1980年代末にやっと恐れることなく仏壇の蝋燭を灯すことも、チベット亡命政府との交流も自由になった。 


 キルサン・イリュム ジーノフ大統領( 49 )の時代(1993~2010)に は、 55の礼拝所と 32 の寺院が建てられた。

 カルムイクの最高僧と呼ばれるテロ・ トゥルク・リンポチェ師は「人々は疲れ果てています。この寺にやって来て『私の心はボロボロです。どうか助けてください』という人が大勢います」。

 しばしばインドへ赴きダライ・ラマにカルムイクの問題について相談しているという師は「私たちは、人々に希望や精神的な支援・助言を与える精神的心理的センターなのです」と言う。

 「しかし、寺は子供を養ってくれるわけではないからね」と言うのは、 
14 歳と 13 歳の子供の父親 。彼の住む町では二人に一人が失業している。「モスクワに勉強に行くのが子供たちの夢だ。ここには彼らの未来はない」と彼は言い切った。

カルムイク共和国とカルムイク人

カルムイク共和国

人口は約 30 万人。その約半分がカルムイク人で、モンゴルの有力部族オイラト人の末裔とされる。トゥバ、ブリヤート両共和国とその周辺などとともに、伝統的にチベット仏教を信奉してきた。レーニンの父方の祖母はカルムイク人との説がある。

「ヨーロッパ唯一の仏教国」と称する人も少なくないカルムイク共和国だが、イングーシ共和国に次いでロシアで2番目に貧しい自治体だ。今年3月に訪れたメドベ ージェフ大統領も「難しい状況だなあ」とうなるだけだった。失業率 15 %はロシア全体の平均の2倍である。国土の大半はステップ、湿地など農業に向かない土壌だ。カスピ海沿岸に位置するのに、石油関係で恩恵をこうむることもあまりなかった。

 

アンナ・ネムツォワ撮影

前カルムイク共和国大統領、キルサン・イリュムジーノフ氏(49

 モスクワ国際関係大学で日本学を学び、日ソ合弁企業の専務などを経て、大富豪の一人に数えられる。1993年共和国大統領に選出された。 2004年にはダライ・ラマのカルムイク訪問を実現。

 カルムイクの貧しさの責任の一端は連邦政府にあると言う。「大統領在任の17年間に、学校、病院、寺院を建てたり、建て直すのにポケットマネー3億ドルを使わねばならなかった」という。一方では汚職や独裁的統治手法に対する批判もあった。1995年から国際チェス連盟(FIDE)会長。