ツアーに参加しないでサンクトペテルブルクを観光する7つの美しい公共交通機関ルート

angelius1979 (CC BY 3.0)
 有名なネフスキー大通りを通り抜けて、エルミタージュ美術館とマリインスキー劇場の景色を楽しもう。有料のツアーではなく、バスまたはトラムに乗るだけだ!

1.トロリーバス1系統:ハサンスカヤ通りーオルディナリナヤ通り

 この系統は市内最長のトロリーバスの路線で、19キロメートルに及ぶ。中央地区を経由して2つの住宅街を結んでいる。モスクワ駅前(ネフスキー大通り沿いの停留所)でどちらかの方向に乗ろう。ハサンスカヤ通り方面を選ぶと、聖アレクサンドルネフスキー大修道院が現れ、ネヴァ川を渡り、マカロフ記念海軍大学が見え、そしてラドガ鉄道駅へ行く。帰り道、トロリーはネフスキー通りを通過する。エルミタージュ美術館、宮殿広場、海軍本部がある。ネヴァ川を渡ると、クンスト・カメラとメンシコフ宮殿がある。

2.トロリーバス5系統:コンノグラヴディスキー大通り-トゥリスカヤ通り

 ネフスキー大通りを探索する別のルートは、このトロリーバス5系統を利用することだ(この路線もモスコワ鉄道駅から乗ることができる)。海軍本部前で聖イサク大聖堂方面に向かい、マラヤ・モルスカヤ通りを通り、マネージ(旧馬衛隊の乗場)を通り、中央海軍博物館の近くが終点になっている。

3.トラム3系統:レーニン広場

 この短い路線は、街の歴史的中心部にある最も美しく居心地の良いサドヴァヤ通りを通る。このルートは、フォンタンカ川とグリボエイドフの堤防と並行して走る。このルートにはユシポフ宮殿、センナヤ広場、ゴスティニー・ドヴォール(最も古いショッピングセンター)、マルソヴォ・ポレ、トロイツキー橋がある。最後の停留所は、フィンランド鉄道駅の近くだ。

4.トロリーバス10系統:コラブレストロイテレイ通り-オルディナリナヤ通り

 ネフスキー大通りからヴァシリエフスキー島へ!この島は、ネヴァ川の反対側にあり、エルミタージュ美術館を眺められる場所に位置し、好奇心旺盛な旅行者のための多くの興味深い名所がある。エルミタージュ美術館やクンスト・カメラでトロリーバス10系統に乗れば、アンドレイエフ大聖堂、島の風光明媚な庭園、エラルタ美術館(ここは本当に訪れる価値あり!)、流行のセヴカベル・ポルトや市場を見ることができる。

5.バス3系統:5プレドポルトヴィ通りーリムスカヴァ・コルサコヴァ通り39 

 これは、グランド・マケット・ロシア博物館(ミニチュア版のロシア)を訪れたい場合に試すことができる非常に長い路線だ。ザスタフスカヤ通りのバス停は遠くはない(最寄りの地下鉄駅はモスコフスキエ・ヴォロタだ)。このバスは、モスコフスキー通りに沿って進み、リゴフスキー通りとネフスキー大通りを通って、マラヤ・モルスカヤ通りに向かう。そこで、聖イサアク大聖堂、マリインスキー劇場、モイカ川の堤防、そしてどの地下鉄駅からもかなり遠いニューホランド島を見ることができる。

6.トラム6系統:コラブレストロイテレイ通りーレーニン広場

 この路線は、サンクトペテルブルクのペトログラード地区を探索するのに最適なルートの一つだ! フィンランド鉄道駅でこのトラムに乗り、大ネヴァ川を渡る(左側にオーロラ号が見える)。その後、このトラムはクロンヴェルスキー大通り(ペテロパブロフスク要塞の写真を撮るにはここで降りる)、巨大なレニングラード動物園や(ペトログラード地区とヴァシリエフスキー島を結ぶ)トゥフコフ橋へ向かう。

7.バス10系統:バルト駅―クレストフスキー島

 クレストフスキー島とオブヴォドニー沿いを結ぶ非常に美しい路線だ。島には、大きな海上勝利公園、革命以前からの邸宅が残るエリア、いくつかの近代的なスタジアムがある。このバスはペトログラード地区、ドヴォルツォヴィ(宮殿)橋を経由して島全体を横断し、マリインスキー宮殿を通過し、バルト鉄道駅に停車する。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる