ペテルゴフ街道で何を見るべきか(写真特集)

ヴァジム・ラズモフ
 ピョートル大帝は、ペテルゴフをベルサイユ宮殿より美しいものにしたいと考えていた。またそこへと至る道も、パリからこの最も有名なフランス王家の宮殿へと続く道の美しさを越えるものにしたいと考えた。彼はそれに成功したのだろうか。

 ペテルゴフ街道の建設はその時代では普通ではない大規模計画だった。この道路は1710年にピョートル大帝の勅令によって敷設された。彼はこの道路を新都から郊外の宮殿を結ぶ単なる道路としてだけではなく、ロシア版の「正面の大通り」を作ろうと考えていた。

 このペテルゴフへと至る道の敷地は、そこに美しい屋敷が建てられることを意図して皇帝から貴族へ与えられた。最初、これは義務だと受け取られたが、すぐにその見方は変わり、ペテルゴフ街道に面した屋敷は威信の象徴となった。

ストレリナのコンスタンチン宮殿

 サンクトペテルブルクから最初の地点にあるのはストレリナ村である。そこには1720年にこの街道最初の宮殿が建てられた。この宮殿はピョートル大帝のものとして建てられたのだが、彼の死後は建設工事が中止され、1750年代まで完成しなかった。1797年にパーヴェル1世がこの宮殿を子のコンスタンチンに与えた。

 第二次世界大戦中にこの宮殿は破壊され、石の骨組しか残らなかった。しかし1950年までには再建され、現在はロシア連邦大統領府の管轄となって歓迎会や会議に使用されている。

オルロフスキー公園

 ストレリナにはオルロフの厩と呼ばれる屋敷跡が存在する。現在は壊されたまま放置されているが、この屋敷はかつてオルロフ伯爵家に属していた。

 この邸宅と庭園は1833年から1839年にかけて、ピョートル・サドヴニコフの設計により新ゴシック様式で作られた。

リヴォフ別荘

 ストレリナにはもう一つ新ゴシック様式の宮殿が存在する。それはリヴォフ別荘である。この沿岸に立つアシンメトリーの屋敷が建てられたのは1838年から1839年にかけてのことである。この屋敷の最初の所有者だったのは、パーヴェル・アレクサンドロフ将軍だったが、名前の由来となったのは二代目の所有者だったリヴォフ公アレクサンドルである。彼は消防組織の創設者として知られ、自身の宮殿内に消防団を編成した。

 この建物は2010年代に完全にリノベーションされ、現在はストレリナの行政機関が置かれている。

ミハイロフ別荘

 この建築物は1850年代から1860年代にかけて皇帝ニコライ1世の子のミハイル・ロマノフのために建てられ、彼の名前が付けられている。この建物は折衷主義の影響を受けており、いくらかの要素にはアール・ヌーヴォーを予期させるものがある。

 十月革命の後、ここには別の時期に、少年院や養鶏場、娯楽施設が建てられた。戦時中に宮殿は激しく損傷し、現在に至るまで改修されていない。

ズナメンカ宮殿

 これはペテルゴフへの道における最初期の宮殿の一つである。基礎の建築はすでに1760年代にラズモフスキー伯爵家によってなされていた。19世紀にニコライ1世が妻のためにこの宮殿を購入した。

 ロシアバロック様式で作られたファサードとインテリアは、第二次世界大戦中にひどく破壊されてしまった。ズナメンカにはドイツ軍の司令部が置かれていた。メインの建物は1970年代に再建されたが、他の建物は改修工事が必要とされている。

アレクサンドリヤ宮殿

 この敷地の最初の所有者はピョートル大帝の親友だったアレクサンドル・メンシコフだった。しかし彼は宮殿の建設を完了することができなかった。

 ニコライ1世はこの邸宅を妻であるアレクサンドラ・フョードロワに譲った。彼女の名前からこの屋敷はアレクサンドリヤと名付けられた。ゴシック様式の宮殿は1829年に建てられ、この宮殿に掲げられた紋章は詩人であるワシリー・ジューコフスキーによって作られたものである。

ペテルゴフ宮殿

 ペテルゴフ宮殿はペテルブルグ近郊の中で異彩を放っている。この町は1710年代に郊外の宮殿として作られ、その後二世紀にわたって形成されてきた。この宮殿のデザインは古典主義とバロック様式が多数を占めている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる